大人女子のためのWebメディア
検索
2019年10月18日更新

セックスの誘いを断ると不機嫌になる彼氏への対処方法

セックスの誘いを断ると不機嫌になる彼氏への対処方法

彼氏からのセックスの誘いを断りきれずに悩む女性は多く、あなたもしたくない気分の時に仕方なくセックスした経験があるのではないでしょうか。いくら彼氏と彼女の関係とは言えそれは強要に等しく、「セックスしたくない時はハッキリと断れば良い」というのが一般的なアドバイスでしょう。

とは言え、現実的にはそれが難しいケースもあり、なぜならセックスを断ることで明らかに不機嫌になってしまう彼氏もいるからです。こういうタイプの彼氏にはどう対処すべきか?…様々なケースを例に挙げて説明していきます

まずは自分の行動を見直してみよう

セックスの誘いを断ると不機嫌になる彼氏への対処方法

セックスの誘いを断ると不機嫌になる彼氏へのベストな対処は、不機嫌になる理由によって異なります。その理由の先にあなたに非があればセックスするべきでしょうし、そうでなければ彼氏の一方的な性欲解消に付き合う必要はありません。

つまり、対処の分かれ目となるのは「あなたに非があるのかないのか」で、そのためには自分の行動を見直してみるべきでしょう。そこで結論を言うと、次の二つの質問がイエスの回答になる場合、あなたに非がないとは言い切れず、彼氏のセックスの誘いに応じてあげてもいいと言えます。

(1) セックスする時はいつも自分から誘っていませんか?

セックスする時に誘うのはいつもあなたからで、逆に彼氏が誘ってきた時に毎回断っていれば、不公平という理由で彼氏が不機嫌になるのも無理ないでしょう。実際、次のケースが考えられます。

 

1. 彼氏がセックスに誘ってくる

2. あなたが断る

3. 断ったことを悪く思ったあなたが、後日彼氏をセックスに誘う

4. セックスする

 

このケースだと、彼氏は自分がセックスしたい時に断られ、一方であなたがセックスしたい時にはセックスできるという不公平な状況が成り立ちます。これを繰り返してしまえば、彼氏は自分から誘った時にはセックスできない不公平さに腹が立ち、実際に断られることで「またか」と不機嫌になってしまうのです。

(2) セックスを期待する場面で断っていませんか?

例えばあなたが彼氏の家に泊まりにいけば、当然彼氏はその夜のセックスを期待するでしょう。問題は、こうした場面であなたがセックスの誘いを断るケースです。確かに、セックスにはお互いの合意が必要であり、これは男と女の問題以前に法律で決められていることですね。

ですから、あなたにその気がなければセックスの誘いを断っても良いのですが、セックスすることを確信する場面でそれを拒否してしまえば、彼氏もガッカリしてしまうでしょう。とは言え、さすがに「セックスさせろ」とまで文句は言えず、そのため彼氏は不機嫌な態度をとってしまうのです。

 

<ポイント>

こうしたケースにおいて彼氏に非はなく、どちらか言えばあなたに非があります。このため、あなたも彼氏の気持ちを考えてセックスの誘いに応じてあげるべきですし、それでも嫌ならその理由を打ち明けるべきでしょう。

セックスの誘いを断る時の注意点

セックスの誘いを断ると不機嫌になる彼氏への対処方法

上記のようなケースでなければ、例え不機嫌になっても彼氏のセックスの誘いを断っても構いません。もちろん応じても良いのですが、その場合はあなたの意思が無視される結果になることを承知しなければならないでしょう。とは言え、やはり目の前にいる彼氏が不機嫌になるのは空気も重たくなりますよね。

そこでアドバイスすると、セックスを断っても良いのですが、その時には次の2つのことに注意してください。そうすれば彼氏を不機嫌にさせずにすむ可能性がありますし、例え不機嫌になってもそれが尾を引く問題に発展してしまうようなことはまずないでしょう。

(1) セックスを断る理由を伝える

セックスに誘ってそれを断られた彼氏の脳裏には、真っ先に「なぜ?」の疑問が浮かびます。そこで、セックスを断った理由をきちんと彼氏に伝えてあげましょう。女性には「生理」という絶対的かつ強力な断り文句がありますが、そうではなく本当の理由を伝えるのです。

単に気分が乗らないだけの場合、それでもその理由として考えられることを伝えます。「忙しい」、「疲れている」の一言ではなく、「今日先輩が仕事休みで、その分忙しかったから疲れている」など、ハッキリと伝えれば、それに反論する彼氏はまずいないでしょう。

(2) 謝る

「謝罪=悪いことをした時」と意地になってしまってはいけません。セックスを断ることは確かに悪いことではないですが、彼氏をガッカリさせてしまった意味で「ごめんね」の一言は必ず伝えてください。もちろん、これはあなたに心底の反省を促しているわけではありません。

どちらかと言えば、この「ごめんね」は接客業で使うクッション言葉に似た意味であり、謝罪の意味ではないのです。男性からすれば、好きな彼女にセックスを断られてしまえばガッカリするのは当然ですが、そこで「ごめんね」と言われてしまえばそれ以上彼女を責めることはできません。

 

<ポイント>

これら2つの注意点は、どちらかではなく両方採用してください。つまり、謝った上でセックスを断った理由を伝えるのです。特に、ただ謝るだけでは気持ちが冷めているのかと勘違いされてしまうので要注意です。

 

 

セックスの誘いを断ることに非はないものの、それが過度である、もしくは不公平を感じさせるものであれば、時には少々乗り気でなくても誘いに応じる姿勢を見せた方が良いしょう。一方、そういったことに心当たりがなければ、例え彼氏が不機嫌になっても誘いを断って構いません。

ただしその場合は断る理由を伝えるべきですし、それに加えて「ごめんね」の一言添えを忘れないでください。これらの点に注意すれば、セックスの誘いを断る彼氏への対処もほぼ万全と言えるでしょう。最もしてはいけないのは、不機嫌になられることを怖れて彼氏の言いなりになってしまうことです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。