大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 幼稚園の頃から日常的に「あの子を愛してる」と口にするフランス...
2015年04月17日更新

幼稚園の頃から日常的に「あの子を愛してる」と口にするフランス人

『愛の告白』 それは、キラキラした眼差しでじっと見詰め「愛してる」と、相手の意思を告げられることを指します。 コンデションは囁く、叫ぶ、訴えるなど様々なスタイル。 「愛してる!」と言うフレーズは、映画やドラマのクライマックスでの登場が多いようです。フランスの「愛してる」は食べ物や趣味など、あらゆる物事に対して使われます

日常的に愛してるを口にするフランス人

Photo:static.ladepeche.fr

『愛の告白』

それは、キラキラした眼差しでじっと見詰め「愛してる」と、相手の意思を告げられることを指します。

コンデションは囁く、叫ぶ、訴えるなど様々なスタイル。

「愛してる!」と言うフレーズは、映画やドラマのクライマックスでの登場が多いようです。

 

しかし、乙女の胸をキュンとさせる「愛してる」は、欧米人には「いい天気ですね」ランクの言葉として使われることもあります。取り扱いにご注意ください。

 

幼稚園児も愛を語るフランス

 

フランスの子供はオムツが取れた頃から、自分のフィアンセ(大好きな人)を見つけます。近所の人だったり、同じ幼稚園だったり。

回りの大人たちも、幼い子供に誰か好きな人が居るのかと語りかけます。

フランス人は小さな子供の頃から、「○○を愛してるんだ、好きなんだ」を言葉にし、それを話題の一つとします。

 

愛は交換条件じゃない

 

フランスのおチビさんの愛の基準は、お絵かきが凄いんだとか、そばかすがカワイイからなど10人10色の理由を語ってくれます。

○○の側に居ると優しい気持ちになるなど、哲学的な意見もあります。

「愛してるから○○するべき」の交換条件の発想は有りません。

この年代のよちよち歩きのおチビさんの「愛」は純粋に自分のフィーリングを語ります。

愛は全肯定!

 

クッキーを沢山持っていたら好かれるなどの、小手先のワザが有りません。

彼らの「愛」は感覚なので、次の日無くなっても深追いしません。

フランス人の生涯の恋愛感は、この時期の感覚がベースです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

フランス在住、フリーランスライター。 母国語は日本語、通常生活は英・仏語。 心理士。アメリカ・英国・ポルトガル・カナダ・コンゴ在住経験あり。 海外と日本の文化比較と意識と心理等に豊富な知識が有り。国際結婚離婚の経験有り。国際法や国籍法、世界歴史、文化、宗教、生活科学、科学、食品加工、交渉、あらゆる雑学に興味があります。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 幼稚園の頃から日常的に「あの子を愛してる」と口にするフランス...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。