大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 派手婚、地味婚の次は「〇〇婚」!?お色直しから見えてきたイマ...
2015年05月27日更新

派手婚、地味婚の次は「〇〇婚」!?お色直しから見えてきたイマドキ結婚式事情

「6月に結婚した花嫁は幸せになる」というジューンブライドの言い伝えもあり、結婚式への憧れに胸が躍る季節がやってきましたね。 女性が結婚式で楽しみにしていることといえば「衣装選び」。どんなドレスを着ようか、それとも和装にしようか、どんな髪型にしようか、事前に情報収集をしているプレ花嫁も多いのではないでしょうか。
イマドキ結婚式事情

「6月に結婚した花嫁は幸せになる」というジューンブライドの言い伝えもあり、結婚式への憧れに胸が躍る季節がやってきましたね。

女性が結婚式で楽しみにしていることといえば「衣装選び」。どんなドレスを着ようか、それとも和装にしようか、どんな髪型にしようか、事前に情報収集をしているプレ花嫁も多いのではないでしょうか。 

 

結婚式場情報サイト「すぐ婚navi」が行なった「結婚式で着たい衣装・お色直し」に関する調査レポートをご紹介!

そこで見えてきた意外!?なお色直しの実状とは、そしてイマドキ結婚式事情とは。

 

意外と控えめ!?結婚式でお色直しは1回がメジャーに!

d7201-52-792139-0

 

結婚式を控えた女性399名に「結婚式で衣装は何着着たいですか?」と質問したところ、『2着』が62%と大半を占める結果となりました。

「結婚式ではお色直しを3回以上が普通」だった80~90年代の派手婚と比べると、かなり控えめな印象を受けます。

 

▼『2着』を選んだ理由を教えて!
「ウエディングドレスもカラードレスも和装も着たいけど、お色直しに時間がかかると、披露宴にいる時間が短くなるのが嫌だから」
「ウェディングドレス・カラードレス1着ずつ希望。前撮りで和装ができればいい。」
「特になんでもいいが、両親より1回はお色直しをして欲しいといわれている」

 

2着を選んだ理由で多かったのは「披露宴でゲストと一緒に過ごす時間が減るのが嫌」「たくさん着たいけど費用がかかるから」という意見でした。

また結婚式当日の時間や費用面の懸念点を「前撮り」をすることでカバーするという声もあり、結婚式当日のことまでしっかり考えている現実的な花嫁が多いようです。

 

人気再燃!3分の1が和装も検討中

イマドキ結婚式事情_3

2着以上着たいと答えた女性たちに、その内訳を聞いてみました。

圧倒的に人気なのが王道の『ウエディングドレス×カラードレス』でした。結婚式場探しの時点で色まで決めている方も多く、カラードレスは女性の憧れの対象になっているようです。

 

また「和装」を着たい・考えているという女性が約3分の1、それ以外も「前撮りで和装をしたい」という声も多く見られました。関根麻里さん、田丸麻紀さん、安めぐみさん、ブロガーのももさんなど、芸能人の結婚式でも和装が多く取り入れられたことや、国宝ブームもあり、和装や神社での結婚式が再注目されてきています

また神社だけではなく、和テイストを取り入れた結婚式場もどんどん増えてきており、今後も和装トレンドは続きそうです。

 

 

自分の意思で「お色直し」を選ぶ時代へ!

d7201-52-390665-1

また、今回の調査で明らかになったのは『1着(お色直しはしない・今は考えていない)』と考えている女性が全体の約36%、およそ3分の1もいるという実状です。

ひと昔前のブライダル業界ではほとんど見られなかった「お色直しをしない」という選択肢ですが、今は一般的になりつつあるといえます。『1着』と答えた人の多くはウエディングドレス1着で考えているという結果でしたが、気になる1着の理由を見ていきましょう。

 

▼1着を選んだ理由を教えて!

・自分の結婚式スタイルにお色直しは必要ない
「質の高い、オーダーのウエディングドレスを1着大事に着たい」
「ヘアセットなどでイメージチェンジが出来れば、ウエディングドレス1着でいい」
「自分で作ったウエディングドレスを持ち込んで結婚式をしたい」
「ドレスは自分に似合わないと思うので、色打掛だけ着たい」

 

・衣装より別のものにお金や時間をかけたい

「披露宴で少しでもゲストと長くいたいから」
「費用と相談ですが、色々オプションを頼んで、予算に余裕があればお色直しも考えるかも」
「家族だけの挙式と会食なので、食事がメイン。お色直しは考えていない」

 

印象的だったのは、「自分の結婚式スタイルにお色直しは必要ではない」「自分たちの衣装よりも、一緒にいる時間やゲストへのおもてなしにお金をかけたい」という意見が多かったことです。

ゲストへの気遣いを重視するおもてなしウエディングや、形式ばっていないカジュアルウエディングや、少人数ウエディングなど結婚式の多様化にあわせて、衣装やお色直しの選択肢も増えているといえそうです。

衣装はもちろん結婚式も、自分の理想にあわせて、自分の意思で選ぶことが出来るのです。「自分らしさ」を投影した結婚式「らしさ婚」がイマドキの結婚式トレンドと言えそうです。

 

※すぐ婚レポート:すぐ婚navi会員様へアンケート調査を実施(女性399名/2015年挙式予定/20~50代の女性/2015年1・2月)
 
すぐ婚navi:http://sugukon.com/

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 派手婚、地味婚の次は「〇〇婚」!?お色直しから見えてきたイマ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。