大人女子のためのWebメディア
検索

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第二回目。

先日6歳になる甥っ子に「サッカー選手になったらすごく大きな家を建てるから、まーたん(私のこと)も住んでいいよ」と言われ感激しつつも、すでに一生独り身だと思われていることに気づいた西山です。 このまま順調にいくと彼が私の喪主になるので、良い関係性を築いていこうと思います。でも現状からすると、その結婚にいたるまでの道のりを自己紹介から始めなきゃいけないとか、もう考えただけで気が遠くなる。

それでも恋がしたいんだ

 

先日6歳になる甥っ子に「サッカー選手になったらすごく大きな家を建てるから、まーたん(私のこと)も住んでいいよ」と言われ感激しつつも、すでに一生独り身だと思われていることに気づいた西山です。

 

このまま順調にいくと彼が私の喪主になるので、良い関係性を築いていこうと思います。

いつもこんなことを言っていると「結婚願望ないの?」と訊かれるのですが、そんなことはありません。好きな人がいたらしたいですよ。

 

でも現状からすると、その結婚にいたるまでの道のりを自己紹介から始めなきゃいけないとか、もう考えただけで気が遠くなる。

そう自己紹介、恋の始まりですね。

一目惚れというのとは少し違うけど、私の場合「はじめまして」のその瞬間に、この人は好きになる人、ならない人というのが分かれます。

「好きにならない人」は、その後話をしてみてどんなに良い人だろうが金持ちだろうが絶倫だろうが恋愛感情を抱くことはありません。

友だちから恋人に発展するということは私の場合ありえないのです。

もちろん晴れて「好きになる人」を見つけたからといって、うまくいくわけではありません。

 

数年前、久々に出逢った「好きになる人」に翌日メールしたところ『また会えたら嬉しいです』という返信をもらい、狂喜乱舞!

私はメールを何度も読み返しながら「これってプロポーズされたも同然だよな。ゼクシィ買っておくか」と頷きました。

私は人を好きになると一人で暴走して一人で爆発して一人で木っ端微塵になるという癖があります。

その彼にも何度か会ったあとに「す、好きですっ!つ、付き合ってくださいっ!」と男らしく告白をしたところ、彼は「え?え?僕、彼女いるんですけど」とびっくり。

 

もちろん私もびっくり。え?彼女?そういえば、彼女いるか訊いてなかった……。

そういえば、仕事の話しかしていなかった……。

そういえば、向こうからメールきたことなかった……。

 

突然の告白に怯えた彼の顔が、今でも脳裏に焼きついています。

次に「好きになる人」に出逢ったら「はじめまして」と言う前に

「彼女いますか?」と訊こうと思います。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。