大人女子のためのWebメディア
検索
2015年06月03日更新

理想の結婚相手は年収1000万円よりも、年収300万円の貯金ができる男性である事が判明

あなたが結婚相手に求める理想の年収や貯金はいくらですか?​家計簿アプリを提供する株式会社マネーフォワードが、20代・30代の女性を対象に行なった「結婚相手に求めるお金事情」についてのアンケート調査をご紹介。そこには、現代ならではの結婚相手に求める金銭観が見えてきました。
結婚相手の理想年収_4
Photo:Leo Hidalgo (@yompyHERE)
 
あなたが結婚相手に求める理想の年収や貯金はいくらですか?
 
​家計簿アプリを提供する株式会社マネーフォワードが、20代・30代の女性を対象に行なった「結婚相手に求めるお金事情」についてのアンケート調査をご紹介。そこには、現代ならではの結婚相手に求める金銭観が見えてきました。
 
 
年収は低くても貯金ができる安定感のある男性が人気

結婚相手の理想年収_3

 

「結婚するなら、相手はどんな年収と貯金のバランスの男性がいいですか?」という質問に対し、過半数の女性が「年収500万円、貯金500万円」と回答しています。

理由は、「年収はそこそこで、貯金をしっかりしているのが素晴らしい」「金銭感覚が自分とかけ離れておらず、しっかりしているほうがいい」「年収よりもどんな生活をしているかが重要」「安定してそう」という、貯蓄がきっちりできていることの安心感を挙げる人が多くいました。

次に、「年収700万円、貯金300万円」と答える人が3割。

「浪費家は嫌だけど、年収があれば貯金は結婚してからでもできる」「節約しなくても貯金できそう」と、貯金の面倒は自分がするから、お金に苦労しなさそうを理由とする人が多くいました。

 

そして「年収1000万円、貯金0円」と「年収300万円、貯金700万円」を比較すると、「年収300万円、貯金700万円」が人気という結果となりました。

「年収より貯金が多いのは浪費家ではなさそう」「貯金ができる男性の金銭感覚は信用できる」「年収が高くても貯金がないのは、金遣いが荒く、価値観が合わなさそう」など、計画性や信頼できることを挙げる人が多くいました。

 

お金はゆるく管理できている男性が理想

 

お金の管理ができている男性とできていない男性、結婚するならどちらがいいですか?」という質問に対し、全員が「できている男性」と答え、できている男性の中でも6割以上の人が「きっちり」よりも「ゆるーく」できている方がいいと答えています。

お金の管理は細かすぎず、適度にできている男性がモテるということがわかりました。

 

 

結婚後、家計は自分が管理、旦那はお小遣い制が理想
 
結婚相手の理想年収_2
「結婚するなら、家計はどちらが担当するのがいいと思いますか?」という質問には、7 割近くの女性が結婚後、「自分が家計を管理し、旦那はお小遣い制」が理想的だと答えました。
 
 
トピックスの1、2の結果を踏まえると、結婚前はお金の管理をある程度していて貯金もできているが、結婚後はお金の管理を自分にまかせてくれる人が理想の結婚相手だということがわかりました。
 
 
調査概要
調査期間:2015年03月20日(金)~22日(日)
調査対象:20代・30代の一般女性208名
調査方法:インターネットを利用したアンケート調査(マクロミルモニタを利用) 
マネーフォワード https://moneyforward.com/

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。