大人女子のためのWebメディア
検索
2015年06月04日更新

出会いを求めるなら、閉店間際のバーが効果的なワケ

一度社会人になってしまうと、どうしても出会いの幅が短くなってしまいますよね。会う男性は会社の人ばかりで、新しい人との恋愛を求めていても、なかなか出会うことができない…あなたもそんな風に、悩んでいませんか?『閉店効果』、『そして単純接触現象』を利用すれば、バーに行った時に新しい出会いの確率が大きく上がります。

閉店間際のバーがオススメ

一度社会人になってしまうと、どうしても出会いの幅が短くなってしまいますよね。会う男性は会社の人ばかりで、新しい人との出会いを求めていても、なかなか出会うことができない…あなたもそんな風に、悩んでいませんか?

新しい出会いを求めるのなら、夜のバーに繰り出すのがオススメです。そしてもし行くのなら、閉店時間が近づいているバーに行く、もしくは閉店間際までいるのがオススメですよ。

そうすれば、男に声をかけられる可能性が高くなるからなんです。

 

閉店間際には、周りの異性が魅力的に見える

閉店間際のバー


 

こんな不思議な心理を証明した実験があります。

その実験では、閉店2~3時間前、そして閉店間際の2回に分けて、「周りの客は魅力的ですか?」と尋ねました。

そうすると、閉店数時間前よりも、閉店間際の方が「魅力的だ」と答えた人が多かったのです。

これを、『閉店効果』と呼びます。

 

こんなことが起こったのには、人が『期間限定物』や『レア物』が大好きであることに関係しているんです。

閉店時間が近いということは、周りの異性と一緒にいられる時間がもうなくなってきている、つまり悠長に選んでいる時間がないので、異性が『期間限定モノ』になるんです。

そうなると、周りの異性の価値が上がって、いつも以上に魅力的に見えるんです。

 

長くいることで、相手に親近感を与える

 

長い時間同じバーにいることで、周りの男性があなたを見かける回数が自然と多くなりますよね。

人は、自分と接触する回数が多い人に親近感を持つようになっています。

これを、『単純接触現象』と言います。

学生時代に同じクラスやクラブの人を好きになってしまうことや、職場恋愛が起きてしまうのは、単純に相手との接触回数が多いからなんです。

なので、閉店間際までずっとバーにいれば、周りの男性はあなたに自然と親近感を持ち、話しかけやすくなるんですよ。

 

おわりに

 

『閉店効果』、『そして単純接触現象』を利用すれば、バーに行った時に新しい出会いの確率が大きく上がります。

もしも新しい出会いを求めているのなら、今週末にでも夜の街に出かけてみてはいかがですか?


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

健康/心理/英語専門ライター。幸せに生きるための心理学や健康、雑学について関心があり、日々学習を重ねています。大学卒業して就職をせずに、有機農業ボランティアWWOOFをして田舎を半年放浪しました。現在はライター・塾講師・農業の三足の草鞋を履いています。名古屋外国語大学英語教育学科、ポーツマス大学英語とコミュニケーション学科卒。 blog:http://takapeanuts.wpblog.jp/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。