大人女子のためのWebメディア
検索
2015年06月19日更新

「自分たちらしさ」を大切にする今話題の “シェアド婚” ってなに?

会場よりプロデューサーを探すなど、「自分たちらしさ」を大切にする、こだわり派のカップルが増えてきています。そんなこだわり派のカップルが注目している“シェアド婚”を『MISS ウエディング2015年秋冬号」(6月19日発売)では徹底リサーチ! その一部をご紹介します。
justmarried0
結婚式が変わってきています!
会場よりプロデューサーを探すなど、「自分たちらしさ」を大切にする、こだわり派のカップルが増えてきています。
そんなこだわり派のカップルが注目している“シェアド婚”を『MISS ウエディング2015年秋冬号」(6月19日発売)では徹底リサーチ! その一部をご紹介します。

 

シェアド婚とは?

 

「新郎新婦がゲストを一方的にもてなす」従来の結婚式とは違い、主役とゲストが一緒になってパーティを作り上げる、参加型のウエディングスタイルのこと。

一体感を大切にし、結婚式の準備段階から友人が参加することも多いのが特徴です。
 
 
シェアド婚を実現するための5つのアイデア
 
①フォトプロップス&フォトブース
写真のクオリティが抜群に上がるフォトプロップス(写真撮影を楽しむための小道具)は、もはや定番化!サングラスやひげモチーフなどが特に人気の様子。
 
②ブライズメイド&アッシャー
ホテルウェディングでもブライズメイドやアッシャーをお願いするカップルが急増中!本番当日の結婚式のお手伝いはもちろん、事前の衣装選びも楽しみの一つ。
 
③スナップスケッチ
似顔絵ペインティングなど。当日会場でゲストとコミュニケーションを取りながらのスケッチは新郎新婦にとってもゲストにも一生ものの思い出に。
 
④ウエディングツリー
「新郎新婦を表す裸の木のイラストに、ゲストがふたりへの祝福と結婚の承認の意味をこめて母印を押していき、1本の木が完成する」という欧米発の演出が日本でもブームに!
 
⑤長テーブル
結婚式=円卓というイメージが強いけど、最近では長テーブルを選択するカップルが増えています。距離が近い分、ゲスト同士の一体感も生まれやすい!?
 
 
これからますます”シェアド婚”カップルが増えそうですね。徹底リサーチの続きは『MISSウエディング2015年秋冬号』をご参照ください。http://wedding.miss.jp/
 

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。