大人女子のためのWebメディア
検索
2015年08月25日更新

話題の“お見合い恋愛”で理想の彼を手に入れる方法3つ

お見合いを出会いのツールとして恋愛することを作家のにらさわあきこさんは、“お見合い恋愛”と名付けました。イマドキは、お見合いにも恋愛要素が求められているとか。“お見合い恋愛”で理想の彼を手に入れる方法をにらさわさんにお伺いしました。

29417802_s

お見合いを出会いのツールとして恋愛することを作家のにらさわあきこさんは、“お見合い恋愛”と名付けました。

イマドキは、お見合いにも恋愛要素が求められているとか。

“お見合い恋愛”で理想の彼を手に入れる方法をにらさわさんにお伺いしました。

 

 1、まずは年齢で勝負せよ! 

「女性は何歳からでもしたいときに恋愛も結婚もできる」というのが私の主張なのですが、年齢が重視されるお見合いでは、有利に運べる年はあります。

女性の場合、出産年齢が考慮されるので、34歳までがモテ期。

結婚相談所の方に言わせると、「32歳までだと、よりスムーズ」という意見が多いです。

とはいえ、結局は一人の男性と出会えればいいわけですから、それを超えても大丈夫! 

50歳を過ぎても、申し込みはあります。 

 

2、女性らしいルックスはマスト! 

お見合いで選ばれるためには、最初の印象が大事です。

そこで、まずは写真をちゃんとしましょう。

外の緑を背景にしたり、スタジオでもより自然な雰囲気を作ったり…。ピンクの上衣とロングヘアーに、お肌の“ツヤツヤ感”はマストです。これらは戦略的に誰にでもできることなので、やっておいた方がお得です。 

 

3、最初は「女性から」で問題なし!  

 女性は追いかけられる立場を作るのが得ですが、最初のきっかけ作りは女性から行っても問題はありません。気になる男性には、自分からどんどん申し込んでいきましょう。

人気の男性は待っていても、声をかけてはくれません。 

 

番外・「断られるのは、普通」と心得よ!

 申し込んで断られると、どうしても凹んでしまいますよね。

でもそれは、あなたが「否定された」というわけではないと知っておきましょう。

私が取材した人気の男性は、美女からの申し込みが多過ぎて、一人一人のプロフィール写真すらまともに見てはいませんでした。

断られたときって、「自分自身が否定された」と感じるものですが、実は「相手に事情があった」場合がほとんどなんですね。

断られたら、「相手になにかあったんだ」と理解して、ほかを探していきましょう。悩んでいる時間がもったいないですから。 

 

**にらさわさんが取材したという「モテる男性のお見合いルポ」は、下記のサイトで読めるそう。シリーズ記事も要チェックです。

⇒にらさわさんの連載『未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ』

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5185

 

にらさわあきこさんプロフィール

 

にらさわあきこさん画像

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。著書に『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて、『未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ』連載中。

 

by市吉いとこ:結婚したいアラサーライター。主に、ウェブや雑誌に執筆。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。 未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。