大人女子のためのWebメディア
検索
2015年10月01日更新

身体からはじまる恋「から恋」ってうまくいくの?

「セックスからはじまる恋って情熱的!映画やドラマの運命の出会いや大恋愛なんて初回でベッドインしてるし……」「付き合ってから身体の相性が悪かったら困るじゃん。そんな最悪な事態避けたいし……」「身体からはじまる恋ってアリだよね?」決して都合のイイ女にはならない。恋のはじまり方は女の腕次第ということだ。

18060621_s 2

「セックスからはじまる恋って情熱的!映画やドラマの運命の出会いや大恋愛なんて初回でベッドインしてるし……」

「付き合ってから身体の相性が悪かったら困るじゃん。そんな最悪な事態避けたいし……」

「身体からはじまる恋ってアリだよね?」

……いま女性たちのあいだで、“とりあえず寝てみてからの恋”も増えているそうだ。

けれどその分「彼から連絡が来なくなった……」「セフレ扱いされてる」な~んて声も。

いわゆる身体からはじまる「から恋」はうまくゆくのかどうか探ってみよう。

1)「それだけが目的?」

 ・「最初に寝ちゃったからか、デートの時にも平気でエロネタを連発されたり飲食店に入ってもボディタッチばっかり……。ラブホの前を通れば、昼間でもすぐ『入ってく?』とか言われるし。これってタダしたいだけだよね?なんかもうウンザリ」(29歳・物流)

 

……先に身体を許してしまったせいで次から当たり前のように身体を求めてくる、これは当然の図式。

男は一度自分に身体を許した女を「下ネタOK」「いつホテルに誘ってもOK」と見なすもの。

今更面倒な“プロセス”など踏みたくないのが男性の本音!

身体の関係がまだないときなら男性はそこに至るためのサービスや努力は怠らない。

相手を知ろうと会話を楽しんだり、食事やデートそのものを楽しめるが、先に身体から入るとエッチ無しで相手と向き合うことが難しくなるのだ!

2)「待つしかできない」

・「飲み会の席で盛り上がり酔った勢いもあってつい、そういう関係に……。

身体を許してしまったということでなんだか彼のことが気になって気になって仕方ない。

でも当の彼からは全く連絡はなくって。

でもこっちから連絡しちゃうと重い女だと思われないかなぁ~とか、まるで私の方から誘ってるように思われちゃうかなって、いろいろ考えちゃってなにも出来ずにいます。

ただただ彼からの連絡を待つ女。あ~~こんなことならやんなきゃ良かった」(31歳・企画)

 

……男性と女性の恋愛においては熱の出し方も冷め方も違う。

いくら男性が情熱的な態度であなたを誘おうとも、ベッドでどれだけ激しく抱き合おうとも男性はそのあと知らん顔出来る生き物なのだ。

 

一度のエッチで身体だけでなく心まで奪われてしまうのは大抵において女。

男は心までは奪われない。

 

初めは遊びだとか、身体だけの付き合いだから……と自分に言い聞かせたとこで、そのうち切なくなり、割りきれなくなるのが女というものだ。

3)「イヤだと言えなくて」

・「初回に私があんまり好きじゃない体位をされてしまった。ホントはもっと時間かけて優しくされたかったんだけど『まだ一回目だし……』と黙ってた。そうしたら毎回そのスタイルでされるように……。毎回ガツガツ攻めてくるし、今さらイヤだなんて言えないし、どうしたらいいの?」(30歳・自動車関連)

 

……“から恋”ならば「身体の相性だけはバツグン!」というわけでもない。こんな悲痛な悩みも。

心の交流が出来ていないうちに身体の繋がりが出来てしまうので、「ホンネもなにも言えなくなってしまう」のだ。

 

初回で身体を許す難点は男性優位”の付き合い方になってしまうこと!

「やるもやらないも」「するもしないも」セックスに関する事柄やデートはなにもかも彼の気分や機嫌次第で……な~んて悲惨な事態になってしまいかねないのだ。

 

男と女のはじまり方にルールなどない!

 

しかし、女にとって恋だと思っていたものが男にとってはタダの性欲、なんてこともあるのだと覚えておこう。

 

「から恋」にはこのように困難が伴う。

「それでも」という勇敢な女子は何事も初めが肝心。

 

決して都合のイイ女にはならず、上手に主導権を握れる者のみが「から恋」をすべき!

 

恋のはじまり方は女の腕次第ということだ。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

体験型恋愛コラムニスト。執筆の傍ら文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。幼年の頃より家庭環境や経済事情により世間の荒波にもまれながら、数々の職歴を経験してきた雑草魂とバラエティに飛んだ男性遍歴を通じて得た「自虐ネタ」が武器。 男女のズレや生態にツッコミを入れ、恋愛市場の時事問題は得意。 草食男子仕置人としてお仕置きコンサルや恋愛相談も行っている。 電子書籍「恋愛サファリパーク~必要なのは女子力よりサバイバル力!!」(すばる舎)はダメンズレスキュー本として「男運が悪い」「恋愛がうまくいかない」「結婚できない」…と嘆いてる女性達へ恋愛の教訓を伝授。 ★痛い女はもう卒業!アナタの失敗を武器にする恋愛サバイバル教官・神崎桃子:オフィシャルサイト ★体験型恋愛コラムニスト 神崎桃子:アメーバーブログ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。