大人女子のためのWebメディア
検索
2015年11月18日更新

男子が「ぜんぜん理解していない」4つの女心

相手のことを好きになればなるほど、もっと相手のことを理解したくなるものですが、カップルの関係が近いと、どうしても近視眼的になって、相手のことが理解不能になってしまうこともあるかと思います。
今回は、男子がぜんぜん理解していない女心に迫ります。
以下にご紹介するようなことに関しては、男子に理解を求めても無駄かもしれないということです。
さっそく見ていきましょう!

1:「付き合うってなに?」と質問してくる

「友だち以上恋人未満の女子から、よく『付き合うって何? どうすること?』と聞かれます。アレとアレをすることだろうと思いますが、そう言っても彼女は納得しません。困ったものです」(27歳・IT)

「付き合うってなに?」とか「なにをしたら付き合っているってことになるの?」という質問って、男子はあまりしないですよね。
以下も、友だち以上恋人未満の関係に関する証言です。

2:付き合うかどかをいつまでも迷っている

「ぼくが気になっている女子は、ぼくが告白しても、いつまでも付き合うかどうするか迷っていると言います。好きなら付き合う……男ってだいたいこういう感じではないでしょうか? 女心がよく分かりません」(26歳・建築)

男の著者としては、この証言に解説を加えることができません。ま、いつまでも中高生のように「付き合うかどうするか」迷っていると、いい男をミスミス逃してしまいまっせ! というようなことは言えますが、いじわるな言い方に聞こえますか?

3:結婚したくないけど子どもは欲しい

「ぼくの31歳の友だち女子は、結婚したくないけど子どもは欲しいと言います。なにを言っているのか、ちょっと分からないです」(33歳・イベント制作)

シングルマザーの貧困が社会問題化しています。養育費等を支払わない(支払えない)男も男ですが、結婚しなくても子どもが欲しいという女心に対して、政府がどう述べるのか? というのも、大事なポイントではないかと思います。

4:「朝からなにも食べていない」ことをなにも食べずに喋る

「ぼくの彼女は『今日は朝からなにも食べていなくて……あのね、朝はねこうこうで、昼には**があって、夜は残業で……』ということを、なにも食べずに嬉々として喋ります。ぼくならなにかかきこんで食っていると思うんですが」(28歳・広告)

この女心にも、適切なコメントを書けそうにありません。お腹がすいたらなんでもいいから食べる……だから駅の立ち食いそば屋は男性客が多いのでしょう。

今回のまとめ

いかがでしたか?
わりと歳を重ねてくると、女子は「男子ってこういう思考回路だろうから、一応こうしておこう」みたいに落としどころが分かってきます。

男子も男子で「女子ってこういう思考回路だろうから、一応こうしておこう」みたいに落としどころが分かってきます。
だから多くの夫婦は「まあまあ」のラインで、どうにか仲良く暮らしています(もちろん双方の諦めや妥協もありますが)。
若いうちは、上にご紹介したような会話によって、カップルにおけるトラブルが多発しやすいものです。が、身をもって痛い思いをしないと、男心のなんたるか・女心のなんたるかが分からないでしょうから、いっぱい痛い思いをして、相互理解を深めてみてはいかがでしょうか。
【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

『恋学 ~Koi Gaku~』は、恋に悩む大人の女性の恋愛を応援する「恋を学ぶ」情報サイト。仕事も恋愛も頑張る女性に向け「恋を学んでもらう場所」として、月間1100万PVを達成しました。街コン・パーティー総合ポータルサイト「街コンジャパン」を運営しているため、各種街コン最新情報やイベントレポートを含め、恋愛プロライターによるコラムや恋愛診断、ユーザー参加型のアンケート調査も随時行っています 。 運営サイトリンク:「恋学 ~Koi Gaku~」「街コンジャパン」「婚活ジャパン」
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。