大人女子のためのWebメディア
検索
2015年12月21日更新

高めるだけじゃだめな女子力。必要なのは……??

彼氏ができない! と嘆く前に、あなたの女子力はどれくらい高めですか? というかそもそも女子力の方向性、それで合ってますか?
今回は女子力についてご紹介いたします!

女性が思う女子力と男性が思う女子力の違い

以前、男友達に筆者の友人数名の名前を挙げ、「女子力が一番高そうなのは誰? 」という質問をしてみたことがあります。
返って来た答えを聞いて、女性が思う女子力が高い女性とのギャップに驚きました。そう、違うのです。では、どんなところが違うのでしょうか。

男性は家庭的でおとなしめの女性に女子力をイメージする

学校のクラスでも、女性はいくつかのグループに別れますよね。賑やかなチーム、次に賑やかなチーム、おとなしめのチーム、オタクチーム(笑)、だいたいこんなところでしょうか。

そして、男性が女子力をイメージするのはずばり「おとなしめのチーム」の女性なのです。おとなしめ=家事ができそう。というイメージは、男性であれば、日本男児のように、典型的な日本人女性の理想像のような気がします。

女性は気くばりのできるリーダー気質の女性に女子力をイメージする

うってかわって女性は、おとなしめというよりは、どちらかというとてきぱきと動けるリーダー気質の女性に女子力をイメージします。リーダー=細部まで色んなことを気にすることができる人。
つまり繊細なんですよね。

ただ、このタイプの女性は思っていることをはっきりと言える人でもあるため、男性からは嫌煙されがち。ばりばり仕事をしているタイプに多いので、「家でご飯つくってなさそう」など、女子力のイメージは低めです。

磨く女子力とアピールする女子力を使い分ける

このイメージの違いから、磨く女子力アピールする女子力をしっかり両立することが大切なことだと感じます。

つまり、女子力を磨くと言うのはやはり家事ができるということや、女性らしい気配りができるということですが、それだけをひたすらに頑張っても、好きな人にそう思われなければ恋愛においてのアピール材料にならないということです。
女子力を磨きつつ、家庭的なイメージを持ってもらえるように、たまには黙る(笑)、彼に委ねる、任せる、をしてみてはいかがでしょうか。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか?
昨今、本当に女子力が高い女性達がちゃんと評価されていない気がしてならない筆者です(笑)。真の女子力高め女性の皆様、たまには三歩引いて歩いて下さいね。

そして、男性票は高くても、実際の女子力の低さにビクビクしている皆様、自分ではなく相手のことを考えた行動とおもてなし、配慮ができるように頑張りつつ、go to the 料理教室です! (笑)
 
photo by AGraddyPhoto
【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

『恋学 ~Koi Gaku~』は、恋に悩む大人の女性の恋愛を応援する「恋を学ぶ」情報サイト。仕事も恋愛も頑張る女性に向け「恋を学んでもらう場所」として、月間1100万PVを達成しました。街コン・パーティー総合ポータルサイト「街コンジャパン」を運営しているため、各種街コン最新情報やイベントレポートを含め、恋愛プロライターによるコラムや恋愛診断、ユーザー参加型のアンケート調査も随時行っています 。 運営サイトリンク:「恋学 ~Koi Gaku~」「街コンジャパン」「婚活ジャパン」
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。