大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 結婚をイメージできる“雰囲気”とは?/オトナ女子のための『実...
2016年01月20日更新

結婚をイメージできる“雰囲気”とは?/オトナ女子のための『実践的☆出会い道』第八回目

前回のコラムでは、「結婚と恋愛どちらがしたいか考えるべし」と申し上げました。もちろんたいていの皆様が、「恋愛をして結婚をしたい」と思っているのは承知です。しかしアラサー以上の女性なら、「2つの順番を変えた方がスムーズな場合もある」ということを改めてお伝えしましょう。

にらさわ

前回のコラムでは、「結婚と恋愛どちらがしたいか考えるべし」と申し上げました。もちろんたいていの皆様が、「恋愛をして結婚をしたい」と思っているのは承知です。しかしアラサー以上の女性なら、「2つの順番を変えた方がスムーズな場合もある」ということを改めてお伝えしましょう。

 

36327598_s

 

 

恋愛が先だと結婚がグレーになる

というのも、恋愛から入ると、「必ずしも結婚に至らない場合」があり、それを避けたい余り、アラサー以上の女性は、恋愛市場に出ても「結婚を考えてない人とは会いたくない」などと言い出して、結局、異性と交流しないまま、数年を過ごす人が多いから。

また別の可能性としては、「好きな人と知り合いたい」意識だと、男性側の「結婚したい時期」に翻弄されて、結局はダラダラと数年を経過させることになってしまうから。なお、彼らには、そもそも「結婚したい時期」などないので、油断していると先延ばしになってしまうのは必至です。

 

女性の“様子”が男性を決めている!

とはいえ、「恋愛したい男性」と「結婚したい男性」それぞれを引き寄せているのは、女性自身であるということを皆様はもっと意識したほうがいい。

女性側が、いかにも「結婚向き」の風貌をしていたら、「結婚したい男性」が引き寄せられてきたり、男性の「結婚したい願望」が刺激されてゆきます。もちろん、「まだまだ恋愛したい」イケている男性の中には、結婚したい願望が刺激されることもなく、「この子は、自分には重いな」と去ってゆく場合もあるでしょう。でも、結婚したいなら、実は「そのほうがいいのです。結婚を何年も考えない男性と恋がうまくいったところで、しばらく結婚できなくなるのは火を見るより明らかだからです。

 

“重い”と思う男を追いかけるか

もちろん、結婚願望にフタをして、「重いと思われないようにして」イケている男性と付き合う道を選ぶのもありでしょう。その場合には、結婚できる場合もありますし、できない場合もありましょう。

あるいは、

「結婚を考えない男性なんて、つきあっても仕方ない」と、イケメンに振られてもめげないで、“結婚向き”の様子を貫き、結婚向きの男性に振り向いてもらう道を選ぶのもやはりあり。

 

結婚をイメージする中味とは

そして、男性に「結婚をイメージさせる道」をあなたが選ぶなら、外見のみならず、中身も「結婚をイメージできる」ものにするといい。つまり「この子と家にいたら、毎日が楽しいだろうな」と思ってもらえるかが肝心なのです。

それには、協調性や笑顔や明るさや、「文句を言わなそうな雰囲気」を意識して作ること。男性に対して言いたいことがあるときに、「こうしなきゃ嫌だ」というような詰め寄り方をしないことです。

 

怖い女性はNG

実は、男性が一番避けたいのは、「責められること」なのですね。彼らは妙な正義感がありますから、「Aにする?Bにする?」の話し合いで「Bがいい」という意見を伝える場合でも、「Bは嫌!」という言い方をされると、なぜか自分が責められたような気持ちになるというのです。女性としては「その案が嫌」と言っているだけなのに、「怖い顔しないで」と泣き出してしまうような繊細な人たちなのですよ。

 

ふんわり笑顔になるのが大事

その点、結婚を報告してくれた女性たちはここら辺がとても上手で、「これは嫌」と言うときでもニコニコと、まるで「OK」と言っているかのような雰囲気を作り出していたり、「いいね」と言ってからスライドさせて、最終的には自分の希望を叶えていたり…と、頭ごなしに対立するという“失策”をしないでいるのです。

彼女たちは、男性の言うことを「はいはい」とまず聞きますが、それは「男性のいいなりになる」ということでは決してなく、「接し方が優しい」というだけのことなのです。

 

ずっといたいと思ってもらう

だから、皆様が結婚を意識したいと思うなら、自分の雰囲気や行動、言葉遣いなどを「一緒にいて楽しい感じ」「安らぐ感じ」にシフトしていきましょう。すると、「結婚したい男性」が引き寄せられるようになりますよ。

→今回の結論:“優しい雰囲気”を身に着けよう!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。 未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 結婚をイメージできる“雰囲気”とは?/オトナ女子のための『実...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。