大人女子のためのWebメディア
検索
2016年01月25日更新

男子の下心をそそるモテる女性の期待感の出し方

「恋は下心」。男性は好きな女性に対しては、どうしても下心を抱いてしまうもの。逆に言えば、下心を抱いてしまう女性には行為を抱くものです。今回は、モテる女性ならやっている男子の下心をそそる女性の期待感の出し方をご紹介します。色気を出したい方は必見です!
“恋は下心”なんて言うように、男性は好意を抱く女性に対して、少なからず下心を持っています。
実は、男性からデートに誘われる女性や、常に彼氏がいる女性というのは、その下心に対し期待感を感じさせてくれる女性なのです。
もちろん、遊びではなくあくまできっかけなのですが、きっかけがどうであれ、男性から言い寄られる女性に一度はなってみたいですよね。

では、どうしたら男性に下品ではない期待感を抱かせられる、モテる女性になれるのか?
今回は男性の下心をそそる!モテる女性の期待感の出し方というのを皆さんにご紹介したいと思います。

サバサバ系は難しい?曖昧な返事にこそ期待感を感じる

男性は心ではムリとわかっていても、軽いノリや冗談交じりに「飲みにでも行く?」なんて、言ってしまいます。それは、淡い期待が存在するから!

もしかしたら……という期待と、断られたときの自分へのダメージを減らすために冗談っぽく言ってしまうのですが、ここで、一刀両断するように「ムリ」と答える女性は少ないと思います。
でも、明らかな社交辞令と感じる答えではなく、曖昧な返事をするのが、モテる女性の返しのテクニックなのです。
同じノリで、「いいですね!」と承諾してから、具体的な話は避けたり、「今度ね」と期待を持たせておくと、男性はまた誘いたくなり、追いかけたくなるのです。
そして、いつの間にかあなたの職場などでのポジションも“マドンナポジション”になっていきます。
人間、手が届くか届かないかの際どい物ほど欲しくなってしまうものなのです。

下ネタでも笑える女性はエロもOKという期待感がでる

女性は下ネタが大好きだと思います。話す内容も男性よりエグイ事もあるでしょうが、それは、女子会だけ!という女性も少なくないですよね。

時に男性は、女性に向け下ネタを発言することがありますよね。「セクハラー」なんて思うかもしれませんが、下ネタに対して嫌悪感を示す女性というのは、男性としても面白いと思いませんし、エロい自分をさらけ出しずらくなってしまいます。
でも、下ネタでも笑ってくれる女性に対しては「エロい話もイケる女性」として認識します。
もちろん、笑ったことで下ネタだけでセメテくるバカな男もいるでしょうが、下ネタで笑ってくれる女性には、自分のエロい下心というのを出しやすく感じるのです。
笑えない下ネタで笑う必要はありませんが、面白いと感じた下ネタでは大いに笑ってあげた方が、男性の期待感というものが大きく出てくるものなんですよ。

男性の心が離れそうになると甘えや優しさを見せてくる

期待を感じていても、一向に進展しない恋ならば男性も諦めが出てきます。
モテる女性というのは、その男性の心が離れたと感じたときに、甘えてみたり、優しさを見せてくる小悪魔のような女性なのです。
人の心を弄んでいるようにも見えますが、筆者的には女性との関わりは、それが醍醐味と感じます。その期待感とモヤモヤの気持ちが交差する感覚。それこそが『恋』ではないでしょうか?

そして、それは付き合う前に、男性の器の大きさを量れるチャンスでもあります。
甘えや優しさを示す前に、男性が「冷たくされた」と感じたときの反応を見てみましょう。
自分に対しての気持ちは、その程度で冷めてしまうのか?
気持ちを無下にされたと思い、怒るのか?
他の女性に目移りするのか?
話したいと志願するのか?
口を利かなくなるのか?
など、恋愛において一番厄介なケンカに対する男性の対処法が、付き合う前にそれとなく感じ取れる瞬間ともいえるのです。
そこで怒れば、すぐ怒るタイプの男性でしょうし、口を利かなくなれば、怒りだすと無視するタイプの男性という訳です。
他の女性に目移りすれば、浮気タイプの男性なのです。

やりすぎて相手がストーカーにならないように注意

年々、増加傾向にある社会的問題のストーカー。
重大事件に発展するケースもありますので、モテるのはいいですが、ストーカーに発展するのは避けたいですよね。

通常の感覚を持っていない男性に、曖昧な返事などで期待感を感じさせると、ストーカーに発展する場合もあります。
ストーカー被害の8割は、顔見知りの犯行ですので、期待感の持たせすぎには十分に気を付けてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
程よい期待感を感じさせれば、あなたも男性から言い寄られる女性になること間違いなしですよ。
恋には色気も必要ですので、一度試してみてはいかがでしょうか?
 
photo by Dustin J McClure

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

『恋学 ~Koi Gaku~』は、恋に悩む大人の女性の恋愛を応援する「恋を学ぶ」情報サイト。仕事も恋愛も頑張る女性に向け「恋を学んでもらう場所」として、月間1100万PVを達成しました。街コン・パーティー総合ポータルサイト「街コンジャパン」を運営しているため、各種街コン最新情報やイベントレポートを含め、恋愛プロライターによるコラムや恋愛診断、ユーザー参加型のアンケート調査も随時行っています 。 運営サイトリンク:「恋学 ~Koi Gaku~」「街コンジャパン」「婚活ジャパン」
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。