大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 長く続く愛は、好きより「居心地」ってどういうこと?/オトナ女...

長く続く愛は、好きより「居心地」ってどういうこと?/オトナ女子のための『実践的☆出会い道』第九回目

2月に入り、チョコレート売り場も活気づいてきましたね。最近は男性にあげるより女性同士で交換しあったり、自分用に買う人が増えていますよね。 実はこうした機会にこそ、知り合いレベルの男性たちにチョコを贈っておくべきなのです。なぜかというと、そうした中から、「長く続く恋愛」や「結婚に至る恋愛」が生まれることが多いから。

2月に入り、チョコレート売り場も活気づいてきましたね。まもなくバレンタイン……といっても、最近は男性にあげるより女性同士で交換しあったり、自分用に買う人が増えていますよね。……ああ、もったいない!

実はこうした機会にこそ、知り合いレベルの男性たちにチョコを贈っておくべきなのです。なぜかというと、そうした中から、「長く続く恋愛」や「結婚に至る恋愛」が生まれることが多いから。

好きと居心地の両立

恋をしたい女性なら誰でも、「好みの男性」と「居心地のいい」関係を築きたいと思いますよね。理想を言えば、ときめきを感じた男性に好かれ、一緒にいると「居心地がいい」と思える関係を目指したいもの。

私たちは、男性に「好み」という要素と、「居心地の良さ」の2つを求めたいと思っていて、その両方が高レベルにあると、恋愛や結婚の決め手になるのです。

“好き”が先だと難しい

そして20代くらいまでならば、2つを叶えてくれる男性に巡り合えるものですが、30歳以降はサバイバル! そんな“よさげ”な男性はもれなく売れ去っているのです。

で、ここからが大事なのですが、多くの女性は、自分が2つを求めていると意識していないから、「恋をしたい」という思と、「好きになれる」男性を探してしまうのですね。しかしたいてい失敗します。なぜかというと「好み」で選ぶと、「居心地のよさ」が叶えづらいから。

自由にふるまえるか、どうか

当「恋愛・婚活研究所」では、いろんな恋を取材していますが、その結果わかり始めたことは、「好きな男性は、居心地のいい男性になってくれない」……でした。

思い出してみてほしいのですが、片思いした男性の前で、みなさまは自由にふるまえましたか? または自由にふるまうあなたを彼は愛し続けてくれましたか?

“居心地いい”人は好みに近づける!

逆について考えてみましょう。べつに「好きではない」けれど、やけに「居心地がいいな」と感じる男性とつき合い始めた場合です。この場合、女性はたいてい、「人を愛する才能」がありますから、何回か会っていくうちに「彼を好きかも?」と思えてきます。

しかも中には、彼を“自分好み”にプロデュースする強者もいます。特に意識しなくても、彼が女性の影響を受けて、見た目があか抜けたり、内面も優しくなったりしていくのですね。つまり、“居心地”で男性を選ぶと、“好み”がついてくることがあるのです!

“好き”で選んで失敗を繰り返す

「見た目はわかるけど、中身はどうかしら?」と思う方のために、例をご紹介しましょう。

M気質なA子さんは、Sな男が好きなために、つきあう相手はS気質ばかりでした。そして彼らに尽くしては捨てられたり、遊ばれたりして終わる……というのが、彼女の恋愛パターンで、それはもうあきれるほどに繰り返してきたのです。

“ラク”な人を選んでみる

でも、30歳を過ぎたあるとき、A子さんは決心しました。「このままじゃ結婚できないから、自分を好きと言ってくれる男性とちゃんと会ってみよう」と。もちろん中には一緒にいて、苦痛を感じる相手もいました。しかし、「好みじゃないけれど、一緒にいてなんだかラク」と思えた男性がいたのです。

つき合って変わる可能性があるのは?

そしてこのBさんとつき合い始めたところ、彼は女性慣れしてなかったせいでイマイチあか抜けていなかったのですが、A子さんとつき合ってからは、いろんなことを張り切るようになり、みるみるあか抜けていったのです。しかも中身も変わっていったのですね。

A子さんは、誰とつきあっても、つき合い方を変えませんので、Bさんにも“自分好み”の“尽くす”つき合い方を通しました。すると、なんとBさんも、なんとなく“俺様”っぽい、ちょっとS気質なA子好みの男性になっていったのです。

“中身”まで好みに近づいてゆく

交際開始から2か月が経った今や、BさんはA子さん好みの中身と外身を手に入れつつあり、A子いわく、「なんだか幸せなんです」という関係になっているのです。

つまり、みなさまが大人なら、「居心地がいい」と感じる男性を「あとで好きになる」のはありですし、そういうタイプが「自分好み」に変化する可能性もある。そして居心地重視で関係をスタートしたほうが、「長く続く」。つまり、結婚に至る可能性が高い……というのが、当研究所の最新の研究結果なのでした。

 

さあ、聖なるバレンタイン。あなたが大人で、そしてこれから「長く続く恋をしたい」と思うなら、好きでもない男性にこそ、気楽にチョコをバラまくのはアリです。長く続く関係の種を今こそまいておこうじゃないですか!

→今回の結論:“居心地がいい”と“好み”に育つ!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。 未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 長く続く愛は、好きより「居心地」ってどういうこと?/オトナ女...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。