大人女子のためのWebメディア
検索
2016年02月19日更新

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第二十一回目。

浮いた話が何もない私としては、誰が悪いとかではなく「みんな、お盛んだな」という感想しか出てきません。多くの人が「浮気をしない男なんていない」と言います。本当にそうかな?私の経験上では、今まで浮気されたことは一度もありません。厳密に言うと、されていても気づかないし、気づいたとしても認めません。

それでも恋がしたいんだ

年明けから連日、ワイドショーでは浮気だ不倫だ二股だ、と男女がもつれまくっておりますね。

浮いた話が何もない私としては、誰が悪いとかではなく「みんな、お盛んだな」という感想しか出てきません。

多くの人が「浮気をしない男なんていない」と言います。

本当にそうかな?私の経験上では、今まで浮気されたことは一度もありません。厳密に言うと、されていても気づかないし、気づいたとしても認めません。

 

昔、彼氏の家に私のものではないネックレスが置いてありました。「これ、何?」と尋ねると、彼氏は「××さんの」と格闘技をやっている先輩の名前をあげました。ハートのチャームがついた華奢なネックレスは、丸太のような首を持つ先輩には入らないだろうなあと思いましたが、彼氏がそう言うならば、信じよう。

 

また別の日には『昨日は泊めてくれてありがとう』と明らかに女性が書いたメモを見つけました。

「誰か女の人が泊まったの?」と訊くと、彼氏は悪びれる様子もなく「うん。終電がなくなっちゃったから」とけろり。あまりにも普通に言うものだから、ああきっと何もなかったんだろうな。

てか、むしろ路頭に迷った女性を泊めてあげるなんて、優しい!ますます大好き!らぶ!バカと思われても構いません。それでも、愛情があるうちは、私は寛大です。

 

私は全力で恋人を信じるので、向こうも全力で嘘を貫き通して欲しい。だから一番腹がたつのは勝手に白状する奴ですね。

「実は、浮気していました。でも別れました」そんなことを言われたら、私は鬼になります。「墓場まで持っていけ!吐いて楽になってるんじゃねえ!」浮気をするなら覚悟を持ってしろよということです。

 

一度犯した過ちは、絶対にチャラにできません。必ず遺恨が残ります。そうなろうとも多くの人が浮気をする。

やっぱりみんな、それでも恋がしたいんだ!と思っているのでしょうね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。