大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • “してあげたい”気持ちを湧きあがらせてくれる人/オトナ女子の...

“してあげたい”気持ちを湧きあがらせてくれる人/オトナ女子のための『実践的☆出会い道』第十一回目

まもなくホワイトデーですね。「チョコのお返しはなんだろう?」と楽しみにしている人も多いですよね。ホワイトデーに限らず、男性から「なにをもらえるか」「なにをしてもらえるか」と考える女性は多いですが、男性を探すときには「なにをしてもらえる」という観点を持たないほうがベターです。

まもなくホワイトデーですね。「チョコのお返しはなんだろう?」と楽しみにしている人も多いですよね。

ホワイトデーに限らず、男性から「なにをもらえるか」「なにをしてもらえるか」と考える女性は多いですが、男性を探すときには「なにをしてもらえる」という観点を持たないほうがベターです。

婚活女性の考え方のワナ

たとえば婚活をしていると、男性を選ぶときにどうしても条件から探し始めますので、「この人は収入がこれくらいある(からどんなことをしてくれそう)」とか、「この人は職業がこうだから(なにをしてくれそう)」という目線をつい、持ってしまいますよね。

 

もちろん、職業や収入、学歴などを見るのは大事ですが、それは「共有できる価値観があるかどうか」を見るためのものであり、「なにかをしてくれる」「してもらおう」という考えで見始めてしまうと、婚活は終わりません。

“してくれる”では選べない

なぜかというと、「なにかをしてくれそう」な男性は、彼以外にもいるはずですし、なんなら「もっといいことをしてくれそう」な人がいる……というのが、まず一つ。

 

そして、「なにかをしてくれそう」というのは、「してくれる可能性がある」というだけのことで、実際にあなたになにかをしてくれるかわからないというのもあります。

 

たとえば「お金を持っているから」という理由で男性を選んだとしたら、「もっとお金を持っている人」は、彼以外にいるはずなので、「彼よりもそっちがいい」と思うことになってしまいますし、お金持ちだからといって、そのお金をあなたのために使ってくれるわけではない……というのはよく聞く話です。

条件を見るとエンドレスになる

で、このように言いますと、「じゃあ、お金持ちでケチでない人を選べばいいのね」と言われますが、違います。条件を増やしたって、結局はその条件で満たされない“なにか”が生まれてくるからです。今の例で言いますと、「お金持ちでケチでない男性がいた……けど、背が低いのよ~」となるのです。

結局、条件で愛する相手を選ぼうとすると、探す旅はエンドレスになってしまい、恋愛難民になってしまう。

条件を絞ればいい?

「じゃあ、条件を絞ればいいの?」と思うかもしれませんけれど、それも違うと思います。

 

現実には、婚活をアドバイスする人や本の中にも、「条件をまずはたくさんあげてみて、その後、譲れない○つに絞りましょう」と言う人はいますが、これは“たたき台”……という以上に“きっかけ”でしかないことをあなたは知っておいた方がいい。

 

「相手探しの旅路」は、最初の“地図”がなければ、スタートすることもできません。だから、頭で考えた“条件”から探し始めるのはありでしょう。

“地図”なくしてスタートはできない

けれど、スタートをしたあとは、いつまでも地図を頼っていてはいけないのです。地図……つまり、“条件”よりも、もっと見るべきことや大事にすべきことがあると思うから。

では、それはなにかと言いますと、一つには、「どれだけ愛されているか」というのがあるでしょう。これはよく「愛される人を選びなさい」とも言われますので、皆さんも意識してると思いますが、これもまた“旅の途中の一つの要素”でしかありません。

“愛される”も要素の一つだけど……

では、なにを“決め手”にすべきかというと、あなた自身の気持ちです。中でも、「この人になら~~してあげたい」と思える気持ちがあるかどうか。

「なにかしてくれる」「してもらえる」よりも、「なにかをしてあげたい」という気持ちがあなたの心に湧き上がるかどうか、それが一番大切なのです。

なぜかというと、あなたのその温かい気持ちこそ、エンドレスに広がってゆく、一番豊かなあなたの資産だから。

あなたを豊かにさせてくれるもの

あなたを豊かにしてくれるのは、あなたの気持ちの“ありよう”です。愛と言い換えていいかもしれません。

とはいえ、いきなり「してあげたい」と思える男性には巡り合えないもの。だから、あなたを好きと言ってくれる男性と交流を続けてみたり、条件から相手探しを始めてみるのは有効な面があるのです。けれど、それは決め手にはならないし、決め手にしてはいけません。大切なのは、あなたの心が豊かになるかどうかなのですから。

意識するのが大事

ということで。

ホワイトデーにいろんな男性からお返しをもらったら、さらに交流を深めて、あなたに“してあげたい”気持ちが湧き出てくる男性がいるかどうか、もしくは、あなたが“してあげたい”という感情を誰かに育てられるかどうかを意識してくださいね。

 

→今回の結論:“してあげたい”気持ちこそが宝☆

※関連する記事


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。 未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • “してあげたい”気持ちを湧きあがらせてくれる人/オトナ女子の...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。