大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • ミステリアスじゃない女に恋のチャンスはない?SNSのせいで恋...
2016年03月17日更新

ミステリアスじゃない女に恋のチャンスはない?SNSのせいで恋をやめてしまう男たち

「最近、SNSのせいで女に幻滅する男性が増えている」と言ったら、あなたはどう感じるだろうか? 「え~!?ホント?そうなの??私ネットで知り合った男性と付き合ったことあるし……」と首をかしげる女性もいるだろう。SNSでの出会い、ネット恋愛やネット婚はもはや珍しいものではない。

36612715_s

「最近、SNSのせいで女に幻滅する男性が増えている」と言ったら、あなたはどう感じるだろうか?

 

「え~!?ホント?そうなの??私ネットで知り合った男性と付き合ったことあるし……」と首をかしげる女性もいるだろう。

SNSでの出会い、ネット恋愛やネット婚はもはや珍しいものではない。

 

しかし、その一方で男性たちは“恋のSNS疲れ”を抱えているのである!!

 

今回はSNSのせいで恋に落ちにくくなった」男性のホンネを集めてみたので、あなた自身が「萎えさせる女」になっていないかどうかチェックしてほしい。

 

知りすぎて飽きる

52142104_s

「贅沢な話なんだろうけど、男って生き物は女の人のことを知りすぎると“飽きる”ものなんだよ。彼女の趣味だとか、交友関係だとか、行動範囲とか、今までどんな男と付き合ってきただとか……。昔なら何度かのデートを繰り返してようやく探れたことが、いまならヘタすりゃ検索すればアレコレわかっちゃう。そうなると『あ~もうこの女のことはだいたい分かったわ』『ふ~ん。こ~ゆ~女なのか』って自分で納得しちゃうんだよね……。だから正直、“自分の人生をネット上で公開してる女”とか“プロフィールを書き綴ってる女性”と実際会って話を聞きたいなんて思わないんだよね」(40代・航空)

 

……「着エロ」という言葉ではないが、男性はオールヌードよりも多少露出がおさえられている女性のほうに興奮するもの。(※着エロ(ちゃくエロ)は、着衣のあるエロチシズム)

 

男というものは一度ですべてを知ってしまうと「もういいや」「ごちそうさま~」と“二度目”を求めないことがある。

 

「この女のことをもっと知りたい!」と思わせたいなら、SNS上に公開するあなたの本性や素行は“チラ見せ”くらいに留めておくべきなのだ。

 

もし「ネット上に自分情報を垂れ流し」をしている女性は要注意。

 

「男性はあからさますぎるもののは萎える」ことを決して忘れないようにしよう。

 

ネガティブ投稿や“かまってちゃん”発言にひく

 

「仕事がうまくゆかないときや落ち込んだときなんかに『あ~もうダメ……』『私なんて……』的なネガティブな投稿しちゃいたいことって確かにあるとは思う。でも、そういうのって男の目から見るとやっぱガッカリするんですよ。なんで女の人ってあんなに自分に酔いしれちゃうのかな?以前好意を持っていた女の子が『ツラい時は空を見上げてみる……』『負けない、自分!』みたいなメンヘラポエムを連投してたことがあってウンザリした。『コレって人の気をひくための作戦でやってんじゃね?底が浅い女だなあ……』って思えちゃって……以来彼女は恋愛対象じゃなくなりましたね……」(30代・IT)

 

……万人に好かれる“完璧なつぶやき”をしている人などそうはいない。

SNSは今や個人のストレス解消のはけ口として利用されている場合もある。「感情を表に出せばスッキリする」「誰かに共感してもらえればラクになる!」という理由で、慰めの言葉欲しさについつい弱音や人の悪口や批判的な言葉をSNS上でさらけだしてしまった……なんて人も少なくないだろう。

 

けれどあなたの怒りや悲しみがおさまったあとも、一度流れてしまったネット上の文字は見てしまった人の心からは決して消えない。

たとえそれが一時的な感情であっても男性たちからの「情緒不安定な女」という烙印は消せないのだ。

 

男性が引く“ネガティブ系の発言”や“かまってちゃん系のポエム”はネット上では足跡を残さず、それこそ日記にでも書きなぐりあなたの心の内だけに留めておいたほうが賢明だろう。

 

【情報を信じたがる男】

 

いまや「SNS上の情報ですべてを決めつけてしまう」「SNS上の情報だけで相手を分かった気になってしまう」危険な時代なのだ。

 

特に男性というものは女性よりも論理的にモノを考えたがる。感情論より理論論。そしてなんといってもデーター分析が大好きだ。

感覚や感性に優れた女性とは異なり男性の方が「本能より理性」「フィーリングより情報」をやたら大事にしたがる。

あなたの話よりも何かで仕入れた知識を鵜呑みにして、彼に「女ってこうなんだろ?」などと決めつけられ悲しい思いをしたことはないだろうか?

それは男性が自分で見て感じるものより、“情報”や”知識“を先に信じたがるせいなのだ。

 

生身のあなた自身の情報より「データ」を優先されるのは悲しいことだ。けれどそれはSNSの普及が加担しているともいえる。

 

賢い女が『リアルに恋をしたい』のであれば、『男の興味を引きたい』のであれば、あからさまな情報をSNSに出さないようにすべきである。

 

「こいつはいったいどういう女なんだろう?」

「もっと知りたい」

……と男の探究心を掻き立てるべきなのだ。

 

「ミステリアスでない女に恋のチャンスはない……」のである。

 

体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

体験型恋愛コラムニスト。執筆の傍ら文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。幼年の頃より家庭環境や経済事情により世間の荒波にもまれながら、数々の職歴を経験してきた雑草魂とバラエティに飛んだ男性遍歴を通じて得た「自虐ネタ」が武器。 男女のズレや生態にツッコミを入れ、恋愛市場の時事問題は得意。 草食男子仕置人としてお仕置きコンサルや恋愛相談も行っている。 電子書籍「恋愛サファリパーク~必要なのは女子力よりサバイバル力!!」(すばる舎)はダメンズレスキュー本として「男運が悪い」「恋愛がうまくいかない」「結婚できない」…と嘆いてる女性達へ恋愛の教訓を伝授。 ★痛い女はもう卒業!アナタの失敗を武器にする恋愛サバイバル教官・神崎桃子:オフィシャルサイト ★体験型恋愛コラムニスト 神崎桃子:アメーバーブログ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • ミステリアスじゃない女に恋のチャンスはない?SNSのせいで恋...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。