大人女子のためのWebメディア
検索
2016年04月12日更新

夫を変えたいと思うなら。

21529995_s

うちの旦那はこんななんです!だから変わってほしい!変えたい!

と思っている奥様方は結構多いと思います。

 

よく聞くのが、うちの夫は、
・私の話を聞いてくれないんです。
・子育ても協力してくれないんです。
・いつも帰りが遅いんです。
・全然やさしさが足りないんです。
・怒鳴ってばかりいるんです。
・あれしてくれないんです、これもしてくれないんです、何もしてくれないんです。
・だから、私が望むような夫ではないんです・・・・・。

 

なんだか息苦しいですね・・・・

 

よく夫って自分のって言いますが、まあ本当に合わせ鏡のように反応したりしますよね。
はたまにシなところがあって、妻が健康に気を使うようになると、夫は反対にジャンクフードばっかり食べる、なんてことが起こります。

 

そうなると妻側は、あなたのためを思って、健康に気を使っているのに、なんで!!

と怒りを感じますよね。

 

 

でもね、反対の事をする夫は、きっと健康に気を使う、という事を望んでいないのだと思います。

 

いくら妻側が、うるさく言ったとしても、夫がそれに興味が無ければ、言う事なんて聞きません。

 

例えば、夫が口うるさい場合でも、妻が興味がない、関心がなければ、言う事は聞きません。

 

なので、この夫だからこうなんだ!というわけでもないのです。

 

そういう意味ではお互い様だし、お互いに相手を自分の思い通りに変えようというのは、かなり不可能な話しです。

夫が、自分の話を聞いてくれない、という場合は妻が夫という存在は、
妻をないがしろにするのだ、という思い込みを持っていたりします。

 

 

この思いみは婚してからではなくて、自分の両親がそういう関係性でそれをてたとか、そう母に教えられたりして、思い込みが形成されることが多いです。

 

 

たとえば、母親がお父さんは、いつも何もしてくれなくて威張ってばっかりなのよ!
と、子供に愚痴を常に言っていると、子供は夫や父親という存在というのは、
何もしなくていつも威張ってばかりいるのだ、という考えがインプットされてしまいます。

そうなると面白いもので、その子供が大きなって結婚すると、最初はそうじゃなかったのに、そのまんまの夫像になることが多いです。

 

夫というものは○○なのだ。と思い込んでいると、知らず知らずにうちに、妻自身がそれを誘発させるような行為行動をしてしまうものです。

 

そうして夫は、自分が思い込んでいるそのままの姿になって行きます。

夫に大きな不を持っている、なかなか受け入れがたいとは思いますが、
一体、自分の何が夫をそうさせているのか、と考えてみると良いかもしれません。

他人はえられない。
だけど、自分がわることで、相手もわるかも知れないのです。



夫というのは、自分にとって世の中の男性代表なのです。

女性はいつも男性の被害者だ、という思い込みが強ければ、
家庭の中でも妻は夫の被害者になってしまう。
だけど、そのシチュエーションは自分で作っているのです。

 

もう女性が男性の被害者だ、という幻想をてることだと思います。



夫婦問題に離婚の話はつきものだけど、本気で離婚を考えているのなら、
感情的になるのではなく、自分の収入を確保したり、子供のこれからなどをしっかりと考えて、離婚後に困ることがないよう、しっかりと悟を持って策をじることだと思います。

夫婦問題っていうのはとかく、感情的になりがちです。
感情が大きく揺れ動くってことは、それだけパートナーシップに心理的に抵抗がある、ということです。

は、どっちが良くてどっちがいなんてことはないと思います。
でいる限り、どこまで行ってもお互いさまなのです。



夫婦はお互いに敵ではありません
その憤りや怒りは、どこから来るのか、よくよく自分を観察してみましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

セミナー講師・コンサルタント・エッセイスト 2001年より独立し、現在までクライアント数約1万人。 自分を生かし、人生を生かす、というテーマを掲げ、本当の自分らしい心から望む思い通りの生き方を提唱している。 起業、コミュニケーション、パートナーシップなどの様々な分野において劇的な変化を遂げるクライアントが続出。 現在はトークライブや講演会などのイベントも開催し、全国で人気を博している。 ブログURL http://ameblo.jp/yoshimi29/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。