大人女子のためのWebメディア
検索

ハードルを下げるべき?!30代の結婚相手への条件

「30代になったのに、なかなか結婚できない」と焦ったり、悩んだりしていませんか? それはもしかすると、無意識のうちに結婚相手に対して高すぎるハードルを設定しているせいかもしれません。 独身男性は、結婚相手として若い女性を選びたがる傾向は否めません。 女性が30代になると、婚活市場において不利になってしまうのは、仕方のないことかもしれませんね。 しかし、30代になったからといって、女性は結婚相手に求める条件のハードルを下げるべきなのでしょうか。 一緒に考えてみましょう。

「30代になったのに、なかなか結婚できない」と焦ったり、悩んだりしていませんか?

それはもしかすると、無意識のうちに結婚相手に対して高すぎるハードルを設定しているせいかもしれません。

独身男性は、結婚相手として若い女性を選びたがる傾向は否めません。

女性が30代になると、婚活市場において不利になってしまうのは、仕方のないことかもしれませんね。

しかし、30代になったからといって、女性は結婚相手に求める条件のハードルを下げるべきなのでしょうか。

一緒に考えてみましょう。

 

17007252_s

妥協すべき条件

あなたは結婚相手の年齢に条件をつけていますか?

「年下は絶対いや!」「5歳以上年上はおじさんだから嫌!」などと選り好みをしているほど、30代女性の婚活市場における価値は高くないということを自覚する必要があります。

30代にもなると、5歳年下でも、精神的にも経済的にもしっかり自立した男性もいますし、5歳年上でも若々しく素敵な男性もいます。

「年齢」というデータ上の数字にだけこだわって、この人たちとの出会いのチャンスを棒にふってしまうのはもったいなくありませんか?

同じように、結婚相手の身長に「175cm以上」「ぱっちり二重のイケメン!」「髪の毛がふさふさの人」「デブはNG!」などと条件をつけるのもナンセンスです。

好きになった人が、たまたま理想的な外見だったのならよいですが、せっかく優しそうな男性と出会っても「私より背が低いから、パス!」「薄毛は嫌い!」などと、第一印象で拒否してしまい、相手のことを深く知ろうともしないのはもったいないと思いませんか?

また、「相手の親の面倒を見たくないから次男が良い!」「私の実家を継いでもらいたいから婿養子になってもらえる人でないとダメ!」という条件もよく耳にしますが、それだけで、婚活市場では、選べる男性の数が相当減ってしまうでしょう。

結婚してから、相手の家の長男の事情が代わり、次男が両親と同居するという場合もありますし、逆もまた然りです。

また、女性側の実家の事情も変わるかもしれません。

こういった流動的なことを結婚の条件にするのは、あまりおすすめできません。

 

妥協すべきでない条件

30代女性が、結婚相手に求める条件の代表的なものとして「経済力」があげられます。

これは、あまり妥協しないほうがよいでしょう。

もちろん「絶対に1千万円以上の年収がないとだめ!」というように、数字で条件をつけるのは、あまりおすすめしません。

なぜなら、この世の中に年収1千万を超えた独身男性の数は絶対的に少ないからです。

ただ、30代女性本人が求める最低限レベルの生活を送れるだけの経済力がある男性を結婚相手として望むことは何らおかしいことではありません。

女性も30代ともなると、それなりの収入や知識、経験があり、美味しいものを食べ、あちこちに旅行するなど、ある程度の生活レベルの中で生きている人が多いはず。

ただ結婚がしたいからといって、自分の生活レベルをかなり下げなくてはならないほど経済力のない相手や、女性側が働いて男性を食べさせていかなくてはならないような相手を、わざわざ妥協して選ぶ必要はないのではないでしょうか。

今現在、あなたがしている生活レベルから、どこまで下げられるかをまず考えてみましょう。

30年以上生きてきた生活のレベルを落とすというのは、並大抵のことではありません。

あまり生活の質を落としたくないと考えているのであれば、結婚相手にはそれなりの経済力が絶対に必要です。

生活レベルを下げてでも、この人と結婚したいと思えるような相手と出会えれば話は別ですが、結婚は現実です。

ただ2人が生きていくだけで、お金はかかるのです。

また、結婚相手の条件に「優しい人」「尊敬できる人」などをあげている30代女性も多いと思いますが、これも妥協しないほうがよい条件です。

お酒を飲んだときやイライラしたときに、あなたに暴言暴力をふるうような男性は、 たとえ普段は優しくても根本にはDV気質があります。

気質というのは、かんたんに治るものではないと言われています。

「30代で、もう結婚のチャンスもないかもしれない」と妥協して、優しくない男性と結婚しても、あなたは幸せになれるでしょうか。

自分のことしか考えていないような冷たい男性と妥協して結婚したとしても、 果たして彼は家族を大切にするでしょうか。

相手の本質的な人柄というのは、結婚するにあたり、もっとも大切といっても過言ではありません。

結婚は現実、生活していくうちに最初は大好きだった相手のイヤな面も見ることがあります。

しかし、相手の男性の本質的な部分を尊敬していれば、多少のことには目をつぶれるものです。

人として全く尊敬できないような相手でも「せっかく私のような30代の女性にプロポーズしてくれたのだから!」と安易に結婚するのは、やめたほうがよいでしょう。

 

婚姻歴をどう考えるか

30代の婚活市場において、どうしてもでてくる問題が「相手の婚姻歴」です。

お見合い紹介所などに登録する女性の多くは、相手に「初婚であること」など婚姻歴の条件をつけているそうです。

しかし「離婚歴がある」ということは、それほどのマイナス要因になるのでしょうか。

考え方によっては「他の女性が結婚したいと思った魅力がある人」「一定期間、女性と生活を共にできた人」という意味で、初婚で彼女が一度もいたことのないという男性よりも、コミュニケーション能力が高い可能性もあります。

また、離婚というのは、当人にとっては「結婚よりも心身ともに負担が大きく、辛いもの」だったはず。

辛い経験を経て、恐らく「もう二度と、同じことは繰り返したくない」「次こそは家族を幸せにしてあげたい」と思っている人が多いでしょう。

ですから「離婚歴がある人はNG!」と門前払いをしないで、その人自身をもう少し深く知ってみてはどうでしょうか。

離婚の理由にもいろいろありますから、一概に男性に否があったとも限りません。

一度よく話を聞いてみて、あなた自身が納得できる離婚理由だったとしたら、彼を結婚相手候補としてみてもよいのではないでしょうか。

ただし、相手にお子さんがいる場合などは、結婚するにあたり女性だけでなく、相手のお子さんにも相当な覚悟が必要ですので、よく考える必要はあるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

30代の女性は、婚活市場では20代女性に比べてしまうと、たしかに不利といえます。

しかしながら、30年以上、人生を歩んできたことで身につけた知識や経験や思いやりの心など、20代女性にはない魅力をたくさんもっていることも、事実です。

ですから「誰でもいいから私と結婚して!」という風に、妥協して大安売りする必要はないのです。

30代の婚活のポイントは、やみくもにハードルをさげるのではなく、あなたがどうしても譲れないという条件はそのままに、それ以外で妥協できそうなポイントを探したり「薄毛の人はだめ!」などの食わずぎらいをやめてみたりすることで、恋のチャンスを広げてみることなのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

関東在住の30代。どんなに忙しくても自分磨きや趣味を楽しむ時間を持てるような生活を目指して頑張るワーキングママです。本業のかたわら、ライターとしても活動中。30代になっても輝き続ける女性を応援しています!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。