大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 母音に注目!名前の最後の文字で分かる恋愛傾向5つのタイプ
2016年07月13日更新

母音に注目!名前の最後の文字で分かる恋愛傾向5つのタイプ

39501489_s

今回は、名前の最後の文字の母音で恋愛傾向が分かるというお話。

例えば「さちこ」という名前なら最後の文字は「こ」ですので、「Ko」→ 最後の母音は「o」です。

意外と当たるこの診断、あなたもぜひチェックしてみて下さいね♪

 

「a」の人はハッキリしていて、芯も気も強いタイプ

この母音で終わる名前の人はハッキリ物事を言うタイプで、白黒つけないと気が済まないような性格の人。

恋愛においては、気が強いのでケンカになることも多く、さらに芯も強いのでなかなか譲りません。そのため、ヒステリックやワガママなどと捉えられることも多いでしょう。
男女ともに男気があるので、守って欲しい女性にとっては魅力的だと言えます。

 

「i」の人は率直で不器用、モテるタイプ

この母音で名前が終わる人は、竹を割ったような性格と言われることが多く、割とサッパリした性格でしょう。

恋愛においては、5つの母音の中で異性に1番モテるタイプ。
嘘やごまかしなどが嫌いで、自分の気持ちにも正直です。
不器用な面があり、駆け引きなどはせず正面から挑みます。
熱しやすく冷めやすいところもあり、恋多き人生を歩む可能性も。

 

「u」の人はユニークでクール、でも人情派タイプ

この母音で終わる名前の人は、あまり自分の感情を表に出さないため、冷たい人のように見られがち。さらに、独特な雰囲気を持っていて、変わった人という印象をもたれることもあります。

恋愛においても、自分の気持ちを伝えることが苦手です。
男性がこのタイプの場合は、相手が疑心暗鬼になりやすく、長続きしないことが多いかもしれません。でも、実は人との繋がりを大切にするので、心の繋がりを重視するような相手を選ぶと良さそう。

 

「e」の人は努力家、彼女を放置しがちなタイプ

この母音が名前の最後にある人は、頑張り屋さんで努力を惜しまないと言われています。どちらかと言うと、あまり目立たない人でしょう。

恋愛においては一途で、何でもやってあげたいと思いますが、1つのことに全力投球するため、恋愛どころではなくなることも多いです。
男性がこのタイプの場合は、仕事や趣味に没頭しすぎて放置されてしまう可能性も高いので、覚悟が必要かもしれません。

 

「o」の人はおおらかで穏やかな、受け身タイプ

名前がこの母音で終わる人は、おおらかで穏やかな印象の人が多く、どっしり構えている器の大きい部分と、慎重で保守的な部分をもっています。

恋愛においても受け身なことが多く、あまり自分から攻めることはないでしょう。女性であれば癒やし系、男性であれば少し頼りなく見えるかもしれません。
ただ、密かに自分に自信があるこのタイプは、いざというときは頼りがいがあります。

 

最後の文字でなく、名前の中に多く出てくる母音を判断材料にする方法もあります。例えば、ケイイチであれば一番多いのは「i」です。これらを元に相性チェックもできますので、活用してみて下さいね♪


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

30代の女性ライター。 波瀾万丈な人生の経験や、独学で学んでいる心理学的な情報などを元にコラム執筆中。10代の息子をもつシングルマザー。やや古風な考えをもち、ババくさいと言われることもあるが、本人は気にしていない。 ライターより一言「みなさんの心に響くような言葉をお届けしたいです。」 エッセイ・コラム『永瀬節』⇒http://blog.livedoor.jp/nagasenami/
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 母音に注目!名前の最後の文字で分かる恋愛傾向5つのタイプ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。