大人女子のためのWebメディア
検索
2016年08月09日更新

男性が”一生独身宣言”を撤回したくなる時っていつ!?独身主義を覆した女性たちの特徴

一生独身でいい!そんな独身主義男性たち。彼らはなぜ一生独身を貫こうとするのでしょうか。今回はそんな彼らの気持ちを覆す魅力ある女性の特徴をご紹介します。
56cb56c8c6d15add453c131ab1f4c040

男性にとって結婚は、家族を支え養うという重い責任が伴うもの。

結婚をすると今までもっていたものに加えて、伴侶、家族、両親などを皆背負わなければならない…というとてつもない重圧がのしかかり、果たして自分は生涯養っていけるのだろうか?などの不安に襲われます。

だからこそ簡単には決心がつかず、「経済的な負担や労力を背負いたくない」「自由を奪われたくない」「結婚したくない」「一生独身でいい!」という結論に至るようです。

男性が「一生独身宣言」を撤回したくなる時ってどんな時?

人は、現状よりも状況が良くなる見通しが立たないと変化しようとは思わず、現状維持を望む傾向があります。

「結婚」は最も重大な人生の節目!

二の足を踏んでしまうのも不思議はありません。

では、男性が「一生独身主義」を覆してまで、結婚したくなる時とはどんな時なのでしょうか?

答えはとても簡単です。

それは、相手の女性が「一生結婚しない!」と決意していた自分の主義を撤回させるだけの魅力を持つ女性だった場合。

男性は、相手の女性が代わりのきかない唯一無二の存在であったなら、何が何でも自分のものにしょう!と勇気を奮う生き物です。

「独身主義男性」も普通の男。

気持ちが揺らいだり、主義を覆す時は必ずあるのです。

 

独身主義男性の決意を覆した女性の特徴

「独身主義男性」が主義を変えてまで結婚したい!と思わせる魅力を持つ女性とはどんな女性なのか、具体的にご説明します 。

それは「自分を認めてくれる人」であり、「あなたを全面的に応援します!」という姿勢のある人です。

自分が認められているという高揚感、安心感と、自分をバックアップし支えてくれる存在は、どんな男性の心も鷲掴みにします。

これらの特徴や共通点を調べて分析すると、必ずしも彩色兼備な女性でなければダメ…ということではないというところにたどり着きます。

「独身主義」を覆す女性の特徴とは「少女性」と「母性」とを併せ持つ女性。

男性には「女性を守ってあげたい保護本能」と「母親的要素を望む本能」の2つが共存しています。

一方では、男の保護本能をくすぐる無邪気で愛らしい「少女性」を求め、一方では、自分を包み癒してくれる「母性」を求めています。

共通していることは、どちらも「自分を全面的に認めてくれる存在」ということ。

もう1つの特徴としては、女性側に精神的な余裕があるということです。

男性は本来ハンターなので「自分から追いたい、そして自分のものにしたい」という心理があり、それを満足させ、逃がしたくない女!と思わせることが重要といえます。

逆に「追えば逃げる」男性に間違ってもしつこく結婚を迫らないこと。

この悠然とした態度が必要なのです。

 

そして、これだけのものを備えた女性は、どんな相手でも愛さずにはいられない女性であると共に、引く手あまたになって選ぶ側になれるということです。

これからは選ばれる側ではなく、選ぶ側に立ち「一生独身宣言」していた男性が、是が非でも手に入れたい!と躍起になる、スペシャルな女性になりましょう!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。