大人女子のためのWebメディア
検索
2016年09月15日更新

ダメんずウォーカーから脱却する方法

ダメんずウォーカーをやめたいのにやめられない貴女へ どうして私ってこうなんだろうと悩んだり、もうやめようとは思うのに何故同じようなことを繰り返してしまうのでしょうか? 全てがそうとは断言は出来ませんが、よくあるケースとして参考にして頂ければと思います。

ダメんずウォーカーをやめたいのにやめられない貴女へ

どうして私ってこうなんだろうと悩んだり、もうやめようとは思うのに何故同じようなことを繰り返してしまうのでしょうか?

全てがそうとは断言は出来ませんが、よくあるケースとして参考にして頂ければと思います。

 

19566803 - nice picture of loving young couple at the date

ダメんずウォーカーを繰り返してしまう訳

人が生まれて初めて会う男性って父親ですよね。

貴女のお父さんはどんな人でしたか?

お母さんに暴力を振るったり、すぐに 怒鳴り散らす人だったり、働かないで毎日ぐうたらとしていたり、お酒を呑むと暴れたり、そのようなことはありませんでしたか?

昔は暴力を振るわれたり、働かない夫であっても我慢するのが当たり前という時代でしたが、今の世の中にはDV法というものがあります。

DVとは身的暴力だけではなく、言葉の暴力 異常な程の束縛・脅迫なども含まれます。

夫婦間のことであれ、警察が介入することができますし、DVを受けている女性がお子さんも一緒に入ることが出来るシェルターがあります。

また、弁護士を介して夫に自宅からの退去や家族に近づくことを禁じる公的な文書を送ることができ、これに応じない場合は罪に問われます。

しかし、いざ離れてみると夫が気になり、帰りたくなる女性も多くいます。

何故でしょうか?

人とは不思議なもので、例え辛い経験でも長くその場にいるとそれが当たり前になってしまい、どんなに快適な空間に移れたとしても、環境の変化に不安を感じてしまうのです。

また、被害を受けている女性自身が自分が悪いからこうなると思い込んでいたり、あの人は私がいない とダメなんだ、だから助けてあげらなければ、とか相手を変えようとしているケースも多々見られます。

このような関係を共依存といいます。

共依存する夫婦間に育ったお子さんは、同じようなことを繰り返しやすいと言われています。

これを負の連鎖ともいいますが、歪んだ人間関係の象徴です。

生育過程於いて、過酷な環境で育ったり、父親や母親から充分な愛情を受けずに育つと成人してからの人間関係に不安を感じたり、自分自身に自信を持つことが出来なくなってしまう傾向があります。

不安や自信のなさから付き合う相手や夫から、身体的・精神的な暴力を振るわれたり、一緒にいて苦痛であっても相手を救うことが生きがいと思い込んでしまったり、逃げることが出来なくただ耐えていたり、自分に非があるからだと自分責めていたりすることがあります。

また、父親や母親に対して憎しみや蔑みの心を抱えていると、自分自身も似たようなことを繰り返すことがあります。

過去は変えることは出来ません。

ですが、過去を悔やむことも必要ありません。

大切なのは、どんなに嫌な経験・辛い経験であれ、自分自身を成長させくれる為の出来事だったのだと捉え、経験を人生の宝に変えていくことです。

それが出来るのは、貴女自身に他なりません。

新しい人生を歩み出す勇気と強い決意を持って下さいね!

 

ダメんずウォーカーをどうしたらやめられるか

それでは、どうしたらダメんずウォーカーをやめることが出来ると思いますか?

まず1つ目、感性を磨きましょう。

楽しい・嬉しい・ワクワクする・感動するなどプラスの感情をたくさん滞在意識にインプットしていくの です。

旅に出て美しい風景を眺めたり、映画や舞台・音楽などに触れて感動したり、アロマを焚いたり、花から良い香りを感じたり、パワーをくれるようなエネルギーを持つ人とたくさん関わったり、貴女にとってプラスになる経験をたくさん積んで、思い出を塗り替えて下さい。

そして2つ目は「彼は彼の人生・私は私の人生」こう繰り返し繰り返し紙に書いたり、言葉にして発したりしてみて下さい。

彼のした事は彼の責任です。貴女には何の責任もありません。

だから、過去は手放しましょう!

過去を手放すこと、忘れることは難しいように思うかも知れませんが  、繰り返し繰り返し続けていけば自然と離れていきます。

 

最後に… 許すことが出来る貴女になりましょう。

これは両親や元彼や元夫に対してだけではなく、貴女が貴女自身を許せるようになることが実は1番大切なのです。

自分を許せるようになると、人を許せるようにもなります。

その為に、辛かったね!苦しかったね!よく頑張ったね!もう頑張らなくていいんだよ!と… 辛い経験の最中にいた頃の自分に語りかけてあげて下さい。

辛い環境で傷ついた貴女を貴女自身が癒やすのです。

貴女の中に擦り込まれたマイナス滞在意識が癒やされた時、必ず新たな出逢いが訪れます!

貴女が幸せになれる素敵な彼を見つけて、新しい人生を築いていって下さいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。