大人女子のためのWebメディア
検索
2016年10月10日更新

別れの予感? さよならを覚悟したきっかけ5選

ふとしたタイミングで、付き合っている彼との別れの予感がする時ってありますよね。今回は、別れの予感がして別れを覚悟したきっかけについて、女性に聞いてみました。早めに対処すれば、もしかしたら別れを回避できるかもしれません。
付き合っていると、なにかのタイミングで「あ、もしかして私達別れるかも……? 」と思い始めることがあります。
そんなことは思いたくないですが、カップルによっては別れの予感がふとよぎるもの。
女性が別れの予感をしたとき、どのような感じだったのでしょうか。今回は、別れの予感がして別れを覚悟したきっかけについて、女性に聞いてみました。

S
彼氏が自分に興味を持たなくなったとき

「昔は私のことをあれこれ聞いてくれていたけれど、だんだん私のことを聞かなくなった。それは私のことを全部知ったということではなくて、無関心になったという感じ。私のことを好きじゃなくなったんだなと思いました」(26歳/サービス)好きな相手のことは何でも知りたいと思いますよね。だからこそ相手にいろいろ質問したり、相手を知ろうと努力したりするものです。しかし、その様子がなくなったということは……。
残念ながら、彼女への興味がなくなったのかもしれませんね。

彼氏と会う回数が減ったとき

「以前は最低週1回必ず会っていたし、彼氏は男友達との予定よりも私を優先してくれていました。それがだんだん他の予定を優先するようになり、最後には月1回くらいの頻度に。こちらからデートに誘っても断られるばかりでした」(28歳/介護)恋人と会う頻度はカップルによって違いますが、週1回会っていたのが月1回にまで頻度が下がったのはとても悲しいことですね。
彼氏にとって、彼女とのデートは優先順位の低いものになってしまったのでしょう。

会話が減ったとき

「二人でいるとき、昔はたくさん話していました。お互い、おしゃべりが楽しくて楽しくて仕方がないという感じ。でも、だんだん会話が減ってしまい、沈黙も増えて……。『黙っていても心地いい関係』ならよかったのですが、私達の場合はそういう雰囲気ではなく、なんだか邪険な感じでした」(29歳/金融)会話をしなくても楽しく過ごせるカップルはもちろんいます。しかし、それはあくまでお互いの信頼関係と安心感があってこそのこと。こちらのケースではただ邪険になってしまっただけのようなので、会話の少なさが怖くなってしまいますね。

連絡の頻度が少なくなったとき

「前はLINEも電話もたくさんしたけれど、だんだん少なくなっていきました。付き合い始めは必ずしていた朝の『おはよう』も夜の『おやすみ』もなくなり、いつLINEをしていいかわからない状態です。別れる直前のころは、私から連絡を入れるばかりの日々でした」(31歳/アパレル)会っていないときはLINEや電話など、何かしらの連絡を取り合うものです。
仕事やプライベートなどの事情で一時的に連絡がおろそかになったのならともかく、特に理由もなく連絡の頻度が少なくなったとなれば、不安でいっぱいになるでしょう。自分からしか連絡を入れないとなれば、別れが頭をよぎるのも当然です。

最後に

別れの予感がしたとき、現実逃避をしたいがために「気のせいだ! 」と思い込もうとする女性がいます。しかし、別れの予感を無視し続けても状況はよくなりません。別れの予感がしたら、その予感をしっかり見つめてみましょう。
早めに対処すれば、もしかしたら別れを回避できるかもしれませんよ!Written by 神之れい

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

『恋学 ~Koi Gaku~』は、恋に悩む大人の女性の恋愛を応援する「恋を学ぶ」情報サイト。仕事も恋愛も頑張る女性に向け「恋を学んでもらう場所」として、月間1100万PVを達成しました。街コン・パーティー総合ポータルサイト「街コンジャパン」を運営しているため、各種街コン最新情報やイベントレポートを含め、恋愛プロライターによるコラムや恋愛診断、ユーザー参加型のアンケート調査も随時行っています 。 運営サイトリンク:「恋学 ~Koi Gaku~」「街コンジャパン」「婚活ジャパン」
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。