大人女子のためのWebメディア
検索
2016年11月08日更新

キャリアウーマンが憧れられるのは女性だけ!?

20161107_m2

仕事をバリバリこなす女性、格好よいですよね。本気で打ち込むことができる仕事に出会えたことはとても幸せなことですし、「仕事が恋人」というフレーズを、一度でもいいから言ってみたいという女性は多いのではないでしょうか。

しかし、キャリアウーマン=男性にはモテないという構図が、できあがっているのも事実です。男性は仕事ができる女性をどう思っているのかを紹介します。

 

怖い

バリバリ仕事をこなすキャリアウーマンと聞いた瞬間、男性は「クール!」ではなく「怖っ!」と思ってしまうようです。それは、自分よりも仕事ができそうだから怖いということではなく、「しっかりしていないと怒られそう」というイメージです。

男性の多くは、母親に怒られた経験を持っています。子どもの目線からは、母親は料理に掃除、洗濯、父親への詰め寄り方などを見て、強い女性という風に映ります。保母さんなどを見て、「彼女の働きは他の女性よりワンランク上だ」という、社会的な目線で見る子どもはいないでしょう。

やはり、男児の頃は母親が身近なキャリアウーマンなわけですし、怠けているところを見せたら激が飛ぶ、という無意識なトラウマがあるのです。

 

戦友になってしまう

男性にとって、キャリアウーマンは嫌な存在ということではありません。会話の中でビジネスのヒントを得る可能性もありますし、さまざまな修羅場をくぐっているので、働く男性にとっても話しやすく盛り上がります。

しかし、ここで注意したいのが、ただの戦友となってしまうところです。カフェで話をした後、可愛いと思った女性であれば、男性はさりげなく肩に触れたり、頭をなでるかもしれません。

しかし、仕事の話で戦友のように語り合うと、「お互いに頑張ろうな!」と、ガッツリ握手で終了です。話は盛り上がりますが、やはり戦友というイメージになってしまうのかもしれません。

 

癒しが無い

最大のポイントはこれです。キャリアウーマンの女性に対して、多くの男性は癒しを感じないようです。ノートパソコンでメールの確認、口を開けば取引先の話や今後の出張の予定、常に仕事のことで気を張りつめています。

「結婚しても、月の半分以上はコンビニ弁当かな…」と、思わせてしまうのです。もちろん、キャリアウーマンが好きな男性もいますし、戦友を求めている方も多いでしょう。とはいえ、男性の心を掴むのは「癒し」というキーワードです。

 

男性は、女性に癒しを求めます。数字にコミットできることや、部下へのマネジメントが完璧なこと、流暢なプレゼン能力などは求められていません。
キャリアウーマンと自負されている方は、仕事を離れたら、別の顔になるのもひとつの手段なのかもしれませんね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。