大人女子のためのWebメディア
検索
2016年11月21日更新

こんなSNS投稿すると嫌われる…NGなSNSの使い方

SNSを利用する人が増えた反面、SNSをきっかけに周りに嫌がられてしまう機会も増えています。では、どんな投稿が嫌われるきっかけになってしまうのでしょうか。自分に思い当たることはないか、チェックしていきましょう。

こんなSNS投稿すると嫌われる

スマートフォンが普及し、ますますSNSを利用する人が増えましたよね。

幸せな投稿、楽しい投稿、悲しい投稿…人それぞれの思いが盛りだくさんなSNS。中には、不快に思うような投稿もあるかと思います。

不特定多数の人が見ることが出来るというだけに、SNSの投稿だけで嫌がられてしまうということもしばしば…。

では、どのような投稿が嫌われる原因となってしまうのでしょうか。

 

愚痴ばかりのかまってちゃん投稿

人間誰しも完璧ではありません。愚痴や泣き言も言いたくなります。

 

しかし、『愚痴を書いてスッキリ!気持ちを切り替えるため!』と割り切っているのではなく、ただ「どうしたの?」「大丈夫?」とコメントして欲しいだけのかまってちゃんは、嫌われてしまいます。

 

また、実際にコメントで心配されたにも関わらず、「いろいろあってね…」とさらに落ち込みモードの返答だと、なおさら…。

 

目立ちたいがためだけの自分!自分!な投稿は、なるべく控えるようにしましょうね。

 

幸せアピール彼氏自慢投稿

自慢の彼氏がいるというのはとても喜ばしいことですが、幸せ全開の彼氏自慢な投稿は、「羨ましい!」、「仲良いね~!」と最初はコメントしていても、だんだん飽きてきてしまいます。

 

SNS上でカップルだとみんなに分かってもらい、「この人、わたしと付き合ってるの。だから手を出さないでね。」という沈黙の威圧をしているのでしょうか。

 

彼とのエピソードを中心とした投稿よりも、遊びに行った場所や食べ物、イベント事の感想を投稿した方が、周りの共感を得られますよ。

 

自撮り写真連発のナルシスト投稿

女性に多いこのタイプ。かわいい角度を研究し、何枚も写真を撮った後に一番良く写っているのを投稿!

 

「かわいくなりたい…」などと一緒に写真を載せれば、大抵、「めっちゃかわいい!」、「今のままで十分だよ!」などのコメントをしてもらえますよね。

 

自分がある程度かわいいと思っている人に多いのがこの投稿の特徴ですが、最初からコメントが決まっている投稿は、おもしろくもなんともないというのが周りのホンネ。

 

無意味なかわいいアピールはただの暇人だと思われてしまいますよ。

 

毎回同じ内容の〇〇ばかり投稿

投稿の内容が毎回同じだと、見る側からしてみれば「またこれ?」と感じてしまいます。

 

変わり映えのない1パターン投稿は、コメントも1パターン。

 

そうなってしまうと、投稿する回数が増すごとにコメント数が減っていき、ただの“いいね!待ち”の状態になってしまいますので、投稿した側も寂しい気持ちになってしまいますよ。

 

SNSで交流を深めたいと思っているのなら、思わずコメントしたくなるような言葉や内容を考えて投稿するのが得策です。

 

同じ内容でも、おもしろおかしく書いてある投稿の方が、読んでいて楽しいものですよ。

 

 

いかがでしたか?

 

SNSは、結局は自己満足の世界。

 

自分が『楽しかった!』、『おいしかった!』、『体調悪い…』など、いろいろな気持ちを思うがままに投稿するのがSNSのおもしろいところです。

しかし、度が過ぎてしまうとただの“リア充アピール”になってしまい、周りから反感を買ってしまいがち。

自分も相手も、100%楽しくSNSを利用出来るような投稿をするのは難しいですが、不特定多数の人が見ているということを忘れず、読んでて不快に思うような内容は避けるようにしましょう。

 

必要最低限の気配りぐらいは出来るように心掛けましょうね。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

”いつでも可愛く、元気なママ”で居られるように、WEBライターとして精力的に活動している2児の母。美容はもちろん、家事も仕事も手を抜かない努力型人間。有益なコンテンツ制作のため、情報収集に奔走する毎日です。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。