大人女子のためのWebメディア
検索
2020年01月25日更新

女性がワンナイトラブをして後悔した7つのこと

ワンナイトラブには当然さまざまなリスクが潜んでいます。その場は楽しくても、後になって妊娠をはじめ、ゾッとするような事態を招くことも。今回は、ワンナイトラブでの後悔を7つ紹介します。

ワンナイトラブ,妊娠,性病,後悔,

飲み会に行ったら気になる男性がいて仲良くなって、酔った勢いでワンナイトラブ。しかも、ゴムなしで…。
そんな行為には、当然さまざまなリスクが潜んでいます。その場は楽しくても、後になって妊娠をはじめ、ゾッとするような事態を招くことも。今回は、ワンナイトラブでの後悔を7つ紹介します。

1. 妊娠

ワンナイトラブの後悔で、まっさきに思い浮かぶのが妊娠です。人は酔っていると判断能力が鈍るため、普段はちゃんとコンドームを付ける人でも、お酒が入るとゴムを付けないでセックスをしてしまうことがあります。 ゴムなしのセックスでは、男性の精液が膣内にストレートに入ってきます。当然、妊娠の可能性はあります。

 

「中で出さなければ大丈夫」という考えは間違え。カウパー液(ガマン汁、先走り液なんて呼び方もありますね)にも精子は含まれています。そのため、膣内で射精しなくても、生で挿入しただけで妊娠する可能性は十分にあるのです。

「ワンナイトラブの後で妊娠が発覚したけど、彼とは連絡が取れない…」なんて状況になったら最悪ですよね。 ワンナイトラブには、妊娠のリスクがあることを忘れないでください。

2. ネットに公開

ワンナイトラブの相手は、初対面であったり、良く知らない相手であるケースが多いですよね。セックスの最中はとても優しくても、実はとても危ない相手という可能性もあります。ワンナイトラブの相手が運悪くそのような人物だったら、セックスしている姿をこっそり盗撮されたり、その映像をネットで公開されたりするリスクも出てきます。

 

実際、男性が女性を酔わせてホテルに誘ってセックスを盗撮し、映像をネット上で公開される被害(または、「公開するぞ!」と脅される被害)にあった女性は少なくありません。 一度ネット上で公開された画像や動画を完全に消し去ることは、現実的に考えて不可能です。精神的にも大きなダメージを受けることになります。

ワンナイトラブには、盗撮されたりネットに公開されるリスクがあることも忘れないでください。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。