大人女子のためのWebメディア
検索

これをやったら”尻軽認定”!3つのNG行動

いわゆる”尻軽”と言われる女性の多くは、本人にそんな自覚は全くありません。本人の耳には入らないところで、気づかないうちにコソコソと伝わっていくので、もしかしたらあなたが言われている可能性も。今回は、"尻軽女"と言われる原因となる行動について、ご紹介していきます。

これをやったら尻軽認定

あなたの周りで“尻軽”な友人・知人はいませんか?
自分で自分のことを“尻軽女”と自覚している人はいません。もしかしたら自分が気づいていないだけで、あなたが周りから『この子、尻軽だな』と思われてしまっているかもしれません。
では、そう思われてしまう原因は一体どこにあるのでしょうか。
今回は、その原因となる行動について、ご紹介していきます。

1:ボディタッチ

男性は、女性からのボディタッチに弱いもの。
同性異性問わず、親近感を持ってもらうためのスキンシップとして、ボディタッチをするという人も多いですよね。
しかし、そのボディタッチが過剰過ぎてしまうと、“誰にでもこういうことをする尻軽な子”と見られてしまいます。
お酒の席でも同じこと。つい飲み過ぎて酔ってしまい、隣に座っている人にもたれかかってしまうようなことをしてしまうと、下心があると思われてしまいます。
酔うといつもより過剰な動作をしてしまう人は多いもの。お酒の席では特に気を付けるようにしましょうね。

2:下ネタ

下ネタに対して、男性以上にノリノリで盛り上がるような女性は“尻軽女”だと思われがちです。
最近では、女性も自分のことをオープンに話すため、自分のセックス体験談なども気軽に話し出してしまう人がいます。
そういう恥じらいがない女性は、ちょっと誘えば付いてくるんじゃないかと思われてしまうのですね。

周りがそのようなイメージを持ってしまうと、異性の友人も『あわよくば』な気持ちが出てきてしまい、真の友人関係とは言えなくなる可能性も。

下ネタは、時と場合を考えること。
話に参加すれば、その場は盛り上がって一時的に楽しい時間を過ごせることもありますが、長い目で見れば、男性以上に嬉しそうな反応をしない方が得策です。

3:隙があり過ぎる

男性に好意を抱いてもらうには、多少隙がある女性の方が、気軽に寄ってきてもらいやすいですよね。
しかし、それがあまりにも隙だらけだと、“少し抜けている子”を通り越して“軽い子”だと思われてしまいます。
さらに、そう思われてしまうと、“下品な子”という印象もおまけで付いてしまうので要注意。
そんなイメージは、あなたにとってマイナスにしかなりません。
身なりや振る舞いがだらしないと、男性もそういう目でしか見てくれなくなってしまいますので、ぜひ気を付けたいところですね。

いかがでしたか?

何事も、やりすぎは厳禁。
“程よくさりげなく”が出来ない場合は、いっそのことやらない方があなたのイメージアップに繋がります。
特に、お酒が入った時は気持ちが大きくなる分、身も心もさらけ出したくなってしまいますので、気を付けた方が良いですね。
ノリが良いと男性が喜んでも、結局は体目当てになってしまう可能性の方が高いので、自覚しながら行動することが大切です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

”いつでも可愛く、元気なママ”で居られるように、WEBライターとして精力的に活動している2児の母。美容はもちろん、家事も仕事も手を抜かない努力型人間。有益なコンテンツ制作のため、情報収集に奔走する毎日です。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。