大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 同棲よりはハードルが低い!?半同棲のメリットとデメリットとは

同棲よりはハードルが低い!?半同棲のメリットとデメリットとは

同棲よりも気楽に始められるとして近年カップルの間で増えているのが半同棲。お互いに自宅を持っていながらも、ほとんどをどちらかの家で過ごすというものです。同棲とは違い、なんとなくで半同棲をしているカップルが多いと思いますが、今回ご紹介するメリットとデメリットについて一度よく考えてみてくださいね。

33445884 - daydreaming young couple at home

大好きな彼と毎日一緒にいたいと思うけれど「同棲」するのはちょっとハードルが高いなあと腰がひけてしまうカップルに人気なのが「半同棲」という形態です。

半同棲とは、ふたりともがそれぞれの居住空間を持ったまま、どちらかの家に通って寝食をともにする、ということです。

今回は、恋人たちが「半同棲」することで生じるメリットやデメリットについてご紹介しましょう。
これから彼氏との半同棲を考えている大人女子のみなさん!ぜひ参考にしてくださいね。

同棲よりもあらゆる面で気が楽!

同棲するときは、どちらか、または双方の自宅を引き払い、一緒の部屋に住むことになります。

ですから、家賃や光熱費、生活費はどうやって分担するか、家具や電化製品はどちらのものを使うか、家事をどちらがやるのか、親への報告はどうするか…など、現実的な問題が山積し、一気に所帯じみてしまいます。

しかし、半同棲であれば、お互いの都合のよいときにだけ、都合のよいほうの家を訪ねればよいので、所帯じみた問題について深く考える必要がないため、いつまでも恋人気分でいられる可能性が高いはずです。

女性は、彼の前で一番魅力的な状態でありたいと願うものですが、体のお手入れなどのプロセスは彼に見られたくない面もあります。

半同棲であれば、そんなときは彼と離れて、自宅で思う存分美に磨きをかけることだってできますよ。

また、二人の交際がマンネリ化したり、気まずい状態になったりしたとき同棲中だと、ひとつの部屋で息がつまってしまい、破局につながる可能性もあります、
半同棲であれば、お互いに逃げ場所(=自宅)を持っているので、適度に息抜きや気分転換ができるのも精神的によいことでしょう。

 

好きな人と好きなだけ一緒にいられて、絆が深まる

同棲してしまうと、長年連れ添った夫婦のようになっていきますが、半同棲であれば、恋人同士のドキドキ感を保ったまま、好きなだけ一緒に彼と過ごすことができます。

誰にも邪魔されず、一緒に食事を食べて、部屋着で映画を見て、一緒に寝て…、こんな何気ないことが、カップルにはとても幸せなことですよね!

また、半同棲をするということは、お互いの部屋の合鍵を持つことになるケースが多いはずですから「私は彼の部屋に自由に入れる女なのだ!」「私は彼のステディなのね」と自覚することもでき、ハッピーな気持ちもなれるでしょう。

それに半同棲中は、部屋に着替えや歯ブラシ、化粧品など、お互いの持ち物を相手の部屋に置く必要があります。
彼の部屋に自分の荷物を置くということは、「この部屋には君意外の女性はいれないよ」「君が自由に使ってよい部屋なのだよ」という「彼の公認の彼女」というお墨付きをもらったということですから「遊ばれている?」「浮気される?」という不安なく、安心して交際を進めていけるようになるのも半同棲のメリットです。

そして、半同棲をすることで、相手のことをより深く知ることもできるため「結婚したらどうなるか」イメージをすることもできるようになるでしょう。

 

半同棲ならではのデメリットとは

こうしてみていると、半同棲にはメリットだらけだと思われるかもしれませんが、実はデメリットもかなりあるようです。

半同棲とは、言い方を変えれば、「結婚前の男女がする、けじめのない生活」でもあります。
親、特に女性側の親からは反対されるケースも多いそうです。
嫁入り前の女性が、週に何日も外泊をしているとなれば、親でなくても、近所の人や大家さん、会社の上司などの見る目は厳しくなることもあるでしょう。

また、半同棲=二重生活でもあります。彼の家でほとんどの時間を過ごしていたとしても、自分の部屋の家賃は払い続けなくてはなりません。

それに、彼があなたの部屋にしょっちゅう訪ねてくるとしたら、あなたの部屋の光熱費や食費もそれだけ増えるということです。
ですから、経済的な負担は間違いなく増えるでしょう。
こういったお金の問題を、あらかじめ彼と話し合っておかないと、後々トラブルの原因にもなりうるのではないでしょうか。

大人の恋人同士の場合、お互いのひとり時間や、仕事や友人関係など、別々の世界とのお付き合いの時間も必要だと思いますが、半同棲をしてしまうと、個々の時間が持ちにくくなるというデメリットもあるかもしれません。

そんなデメリットもありますが、やはり同棲よりは気楽で、お互い好きなだけ恋人と共に過ごせる「半同棲」という形態は、恋人たちにとって居心地よい環境であるに違いありません。
だからこそ、「結婚」という次のステップに進みにくくなる傾向もあるようです。

 

半同棲生活は、結婚前のおためし期間

半同棲にはデメリットもありますが、それでも半同棲という状態は、恋人たちにとっては新婚気分が味わえる最高に楽しい時間であることは事実でしょう。
半同棲することで、お互いの金銭感覚や価値観、生活習慣などを知ることができます。
違う環境で生まれ育った二人が、半同棲しながら、その後結婚してうまくいくかどうかの「お試し期間」をふむことは、決して悪いことではないように思えます。
ぜひ一度、意中の彼と半同棲生活を送ってみてはいかがでしょうか。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

関東在住の30代。どんなに忙しくても自分磨きや趣味を楽しむ時間を持てるような生活を目指して頑張るワーキングママです。本業のかたわら、ライターとしても活動中。30代になっても輝き続ける女性を応援しています!
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 同棲よりはハードルが低い!?半同棲のメリットとデメリットとは
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。