大人女子のためのWebメディア
検索
2017年01月07日更新

「可愛げないね」と彼から言われた時のチェックリスト

『可愛げないね』という言葉を彼から言われたら、人によっては心にグサッとくる言葉だったりしますよね。もしかしたら、無意識に“可愛げのない行動”をしてしまっているのかもしれません。では、どのような行動が『可愛げがない』と言われてしまうのでしょうか?

もしあなたが、彼に『可愛げないね』という言葉を言われたら。

彼からしたら大したことのないひと言でも、人によっては心にグサッとくる言葉だったりしますよね。

なぜそんなことを言われなければいけないのか、どうしてそんなことを言われたのか…。

あなたは無意識に“可愛げのない行動”をしてしまっているのかもしれません。

では、どのような行動が『可愛げがない』と言われてしまう原因となるのか、見ていきましょう。

ポイント1:何事もひとりでやり遂げてしまう

人に頼らず、自分ひとりで何でもこなしてしまう人っていますよね。

もちろん、それはとても有能な証拠で、何も悪くはありません。

しかし、男性からしたら、『もっと頼って欲しい』と思うところなのかもしれないのです。

何でもすぐに「出来な~い」と言って周りをあてにするのは良くありませんが、高いところにあるものを取ってもらう、固い瓶のフタを開けてもらうなど、あまり重要ではない部分で可愛く助けを求めると、男性も嬉しく思うようです。

男性には、女性にはわからない“男はこうであるべき!”という美学を持っている人もいるので、そのような人に対しては、どんどん頼ってしまいましょう。

ポイント2:ケンカをしても折れない

どんなケンカに対しても、『わたしは悪くないから絶対に謝らない!』という人は、女性に多いですよね。

明らかに悪い場合は謝るけど、相手側にも非がある場合は、先に謝られないと自分も謝れないという、正直とても厄介な性格です。

すぐに「わたしが悪かったの」、「ごめんね」と平謝りするのもどうかと思いますが、ある程度自分にも非があると感じたのなら、さっさと謝って気持ちをスッキリさせた方があなたのためにもなりますよ。

人に謝るという行為は、時に自分のプライドを傷付けてしまうかもしれません。

しかし、相手の気持ちに立って、悪いと思ったところに関しては素直に謝れるという姿は、とても潔くかっこいいものです。

ポイント3:甘えベタ

人に甘えるのが苦手としている女性は、意外と多いですよね。

そっと寄り添うことも、助けを求めることも、簡単に見えて実はかなりハードルが高いと感じている女性が多いです。

男性は、女性に甘えられて自尊心がくすぐられるもの。

ちょっとした相談や寂しいときなど、遠慮せず「聞いてくれる?」と話を切り出せば、大抵の男性は親身になって聞いてくれることでしょう。

甘えるのが苦手としている人の多くは、自分が甘えることで相手に負担になっているのではないかと心配に思う傾向にあります。

しかし、精神的にも肉体的にも、甘えてくれることが好きな男性はたくさんいるので、相手の性格を汲み取って適度に甘えることは、むしろ相手のためにもなるのではないでしょうか。

ポイント4:否定的

どのようなことに対しても、「いや…」、「でも…」という人、いますよね。

相手の言っていることに対して否定的なことばかり言う人は、可愛げがないと思われても仕方ありません。

何事も否定的に考えてしまうと、だんだんと暗くなってしまい、その場の空気までも重苦しいものになってしまいます。

特に、相手の言うことに対して否定的になるのではなく、まず「そうだよね」と肯定した上で、「これはわたしの考えなんだけど…」というような話し方をすれば、伝わり方も変わるのではないでしょうか。

人から否定されて、イヤな気持ちにならない人はいません。

相手の気持ちを考えた言葉選びをするようにしましょう。

 

いかがでしたか?

以上のポイントを踏まえ、彼に『可愛げない』と思わせない努力をするのもまた、“可愛げのある女性”に繋がるのかもしれませんね。

大好きな彼に、いつまでも“可愛い”と思ってもらえるよう、自分を見直してみてはいかがでしょうか。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

”いつでも可愛く、元気なママ”で居られるように、WEBライターとして精力的に活動している2児の母。美容はもちろん、家事も仕事も手を抜かない努力型人間。有益なコンテンツ制作のため、情報収集に奔走する毎日です。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。