大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 逆に被害者が訴えられる!?セクハラされやすい女性の特徴と予防...
2017年01月09日更新

逆に被害者が訴えられる!?セクハラされやすい女性の特徴と予防策

もし職場でセクハラを受けてしまったら…どうしますか?会社に申し出れば何とかなる、と思っていませんか?実は、日本ではまだまだそんな簡単にはいかないことが多いようです。セクハラされやすい女性の特徴と予防策を紹介します。

20170109_businessman harassing female colleague at computer desk in office

もしセクハラを受けたら…、と考えたことはありますか?
会社に申し出れば何とかなる、と思っていませんか?
実は、日本ではまだまだそんな簡単にはいかないことが多いようです。

味方になってくれる会社は少ない

会社の規約などに、セクハラが処罰の対象だとハッキリと示してあれば、堂々と違反をする人は少ないでしょう。
でも、実際にセクハラが起こるのはそういう会社ではないことが多く、セクハラ被害者が泣き寝入りせざるを得ない、という状況は珍しくありません。
驚くことに、被害者が加害者に名誉毀損で訴えられてしまった事例もあります。

一般的には、セクハラを受けたらまず上司などに相談して加害者に注意してもらいますが、その後もそこで働く人にとって、それはとても勇気が必要なことです。

また、証拠がない場合が多いため、会社側も注意はできても処罰まで与えることは難しく、当人同士で解決して欲しい、という結論に至ることは珍しくありません。
さらに、実績がある社員は必要な人材なので、全面的に被害者の味方になってくれる会社は少ないようです。
ましてや、新入社員や事務職 vs 営業職ともなれば、前者は弱い立場に追いやられてしまいます。

このようにセクハラ被害者の多くは、辞めるか我慢するかのどちらかしかない、という結論に至ることが多いのが現実です。

すぐに実践!セクハラ予防

実は、セクハラを受けやすい女性には、大きく分けて2つの特徴があります。
・何かされても告げ口できない、気弱なタイプ
・笑って許してくれそうな、フレンドリータイプ

 

もちろん露出の多い服装も多少は関係ありますが、直接的な原因は女性の性格で、知らないうちに男性にスキを与えていることが多いようです。

では、セクハラ予防にはどのようなことが効果的なのでしょうか。

 

*「ハッキリ」「真顔」で嫌がる
愛想笑いをせず、ハッキリと真顔で
・やめて下さい!
・それセクハラですよ
・さすがにそれは私も怒りますよ

などと言いましょう。
どちらのタイプの女性も普段が穏やかな分、キツイ表情を見せるだけでも効果があります。

 

*仕事とプライベートの区別をする
つい返信しがちですが、職場の人からの仕事に無関係なメールへの返事は不要です。電話は出ない、またはすぐ切るようにして下さい。

 

*2人きりにならない

たとえ社内でも、密室などに呼び出されたら1人で行かず、誰かに付き添ってもらいましょう。
2人での食事は断り、なるべく大人数のときにだけ参加して下さい。

 

*男性との距離をとる
日頃から、男性社員との距離をとるように心がけましょう。
いつも必要以上に近付かれないように意識していれば、触られる可能性は低くなります。


スキのある女性はモテると言いますが、自覚がないことも多いです。
転職してもまた次の会社でセクハラを受ける人の場合は、女性に原因があるとも考えられますので、気をつけて下さい。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

30代の女性ライター。 波瀾万丈な人生の経験や、独学で学んでいる心理学的な情報などを元にコラム執筆中。10代の息子をもつシングルマザー。やや古風な考えをもち、ババくさいと言われることもあるが、本人は気にしていない。 ライターより一言「みなさんの心に響くような言葉をお届けしたいです。」 エッセイ・コラム『永瀬節』⇒http://blog.livedoor.jp/nagasenami/
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 逆に被害者が訴えられる!?セクハラされやすい女性の特徴と予防...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。