大人女子のためのWebメディア
検索
2017年01月12日更新

10年先までつきまとう!?本当は怖〜い一夜限りの関係

女性の中には、いわゆる「一夜限りの関係」を割り切ることができる人もいます。でも、「一夜限りの関係」には怖い事実も…。今回は、本当は怖い一夜限りの関係について、その後の期間別にご紹介します。

20170112_e

女性の中には、いわゆる「一夜限りの関係」を割り切ることができる人もいます。
中にはスポーツ感覚で愉しむ人も。今回は、本当は怖い一夜限りの関係について、その後の期間別にご紹介しましょう。

翌日~1週間後

この期間に女性が陥りやすいのは、相手を好きになってしまうこと。
実際は、自分のした行為に対する罪悪感や嫌悪感をごまかす為に「好きだからしたんだ」と思い込んでしまいます。
この現象については『売れっ子キャバ嬢が枕営業をしない理由』でも説明しましたが、女性だけに起こることです。
つまりそれは貞操観念の表れであり、いわゆる普通の女性にとっては当たり前の心理だと言えます。
もし心の底からセックスと恋愛は別と考えている女性なら、好きになってしまうことはないでしょう。

1週間~3ヶ月後

この期間で怖いことは、何といっても病気と妊娠です。
病気に関しては、虫歯や風邪などキスだけでうつる病気から性感染症まで、いろんな種類があります。
もし、相手をよく知らないまま関係をもって性病をうつされたとしても、自業自得ではないでしょうか。

妊娠に関しては、コンドームを着けるから大丈夫!と思うかもしれません。
でもある調査によると、コンドームの避妊失敗率は15%以上だそうです。
これは途中で着けたり、破れてしまった場合も含めた数字ですが、もし正しい使い方をした場合でも失敗率は5%以上。
不良品や長期保管による劣化など、理由はいくつもあるようです。

一夜限りの関係は、知り合ったその日にベッドを共にし、連絡先も交換せずに別れることも珍しくありません。
そのため、もし妊娠が発覚しても連絡すら取れない場合もありますし、連絡が取れたからと言って責任をとってもらえる可能性は低いのではないでしょうか。
そもそもが一夜限りの関係をもった女性ですから、他の人とも関係をもっているだろう、と考える男性は多いと考えられます。

1年~10年後

妊娠はピルを飲めば防げるかもしれませんが、それでは性感染症を防ぐことはできません。
さらに、コンドームを着けても防げない病気があるので要注意です。
中でも恐ろしいのは、子宮頸がんやエイズを発症するウィルスのHPVやHIVで、もし感染した場合は潜伏期間もあります。
個人差がありますが、HPVは5~10年、HIVは3~10年と言われていて、その間は何の症状も出ないだけでなく、検査をしても分からないことも。
気付くことも治すこともできないまま時間が過ぎ、忘れた頃に発症するかもしれません。
自覚がないまま出産すると、子どもに感染する可能性も高いようです。

 

大人は、自由であることと引き換えに責任が伴います。
知らなかったでは済まない事態も起こりうるので、もしこれらのリスクを知ってもまだ一夜限りの関係をもちたいなら、何が起きてもすべて自己責任になる可能性が高いことを、肝に銘じておきましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

30代の女性ライター。 波瀾万丈な人生の経験や、独学で学んでいる心理学的な情報などを元にコラム執筆中。10代の息子をもつシングルマザー。やや古風な考えをもち、ババくさいと言われることもあるが、本人は気にしていない。 ライターより一言「みなさんの心に響くような言葉をお届けしたいです。」 エッセイ・コラム『永瀬節』⇒http://blog.livedoor.jp/nagasenami/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。