大人女子のためのWebメディア
検索
2017年01月17日更新

彼の実家に行く前に!知っておくべき和室のルール

彼のご両親へ挨拶…結婚は目前!と浮かれていてはいけません!礼儀がきちんとしていてマナーを守れる女性を息子の嫁に迎えたい、そんな彼のご両親からのチェックポイントをクリアするには!?今回は和室に通された場合のルールをご紹介していきます。

彼がご両親に紹介してくれる!!

これ、結婚まで秒読みの嬉しいサインですよね。

服もメイクも親ウケアイテムで完璧で整えて準備万端♪と、思っているあなた!

彼の実家で和室に通されたときの準備は大丈夫でしょうか?

彼の実家に行く前に、知っておくべき和室のルールをしっかり覚えましょう!

ストッキングで訪問する

服装で気をつけたいのが足元。

スリッパを脱ぐ必要のない洋室と違い、和室では上がる前にスリッパを脱がなくてはいけません。

その際、裸足では滑りが悪く畳を傷めてしまうのです。

また、夏場など汗をかきやすい時期は汚してしまう可能性もありますよね。

これはスリッパにも同じことが言えます。他人の家にお邪魔するときは素足は厳禁という事です。

また、スカートに靴下という格好で座布団に素肌が触れるのも避けたいところ。

大人の女性として、見栄え的にもストッキングがベストでしょう。

敷居、畳のヘリを踏むまない

和室の基本ルールの1つに”敷居、ヘリを踏まない”というものがあります。

敷居とは和室の入り口、木材の部分ことです。

ここを踏むことで木が歪んでしまうと襖の開閉に支障が出るだけでなく家そのものが歪んでしまう可能性があると言われています。

また、敷居も畳のヘリも段差のある部分です。

そのため転倒なのど事故を防ぐためにこのように言うようになった。とも言われています。

その他にも諸説ありますが、どれも日本人の”心遣い”が感じられるものです。

建物の構造も変わり、歪みや段差の心配が少なくなった現代もその心遣いを受継ぎたいものです。

座布団のルール

和室に案内されると座布団が用意されていると思います。

この座布団にもルールがあることをご存知でしょうか?

まず、座布団に座るタイミング。

先方が勧めるまで座布団には座らないのがマナーです。座布団の後ろに座り挨拶をしましょう。

そして、座布団に座るとき。

座布団の上には立ってはいけません。1点に体重がかかることで座布団を傷めてしまいます。

挨拶後、座布団を勧められたら正座したまま、座布団の両サイドに拳をつき、膝からにじって座布団の上に乗ります。

外すときは反対に拳を後ろつき足先を座布団から外して畳の上で立ち上がりましょう。

これは少しコツがいります。こっそり練習しておきましょう!

 

ご自宅だけでなく、顔合わせや食事会などでも和室を利用する機会があるかもしれません。

焦らないよう、覚えておきましょう♪


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

心も身体もハッピーな恋愛を追い求めるアラサー女子。ポジティブに恋愛、人生を楽しむことが目標。大人の恋愛や婚活、セックスまで!アラサー女子の「今知りたい」ことを経験談を交えながらお伝えします♡インスタにて万年ダイエッターの肉体改造記録もUP中です! instagram
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。