大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 恋愛ホルモンはいつ育つ?ドキドキ感を長くキープする方法
2017年01月21日更新

恋愛ホルモンはいつ育つ?ドキドキ感を長くキープする方法

誰かを好きになったり、何かに集中していたりする時に脳内で分泌される恋愛ホルモン。その仕組みを上手に活用して、恋を楽しみましょう!

「恋愛ホルモン」って知ってる?

恋をすると、俗に言う「恋愛ホルモン」という成分が分泌されるって知っていますか?

これをPEA(フェニルエチルアミン)といいます。

誰かを好きになったり、何かに集中していたりする時に脳内で分泌されるホルモンで、これによってドキドキとした興奮や高揚感を得られるのです。

「恋の賞味期限は3年」の仕組み

恋の賞味期限は長くて3年だなんて言われますが、実はこれにもPEAが関係しています。

PEAはずっと分泌され続けることはなく、早ければ3ヶ月、長くとも3年程度で作られなくなってしまいます。

別れの危機は3ヶ月、3年と3のつく時期にやってくると言われる理由も、ここにあったんです。

おつき合いの中で必ずといって良いほど訪れる倦怠期、「もうダメかも……」と落ち込むのではなく「これは恋愛ホルモンが止まったせいだ!」と考えれば、少し気が紛れますよね。

そのうえで、相手とこの先もずっと一緒にいられるのか?じっくりと見定めていきましょう。

もっと長く恋のドキドキを保つには?

恋愛ホルモンであるPEAは、自然と分泌量が減っていき、やがてまったく作られなくなります。ただ、ちょっとした工夫で増やすことができるのです。

 

◯PEAの含まれる食べ物を食べる

PEAはチョコレートやチーズ、ワインなどに多く含まれています。

ここぞという彼とのデートでワインを片手に、チーズやチョコをつまみながら楽しいひと時……なんて時間を過ごせば、お酒の力と恋愛ホルモンの力の相乗効果で、ラブラブ度アップ間違いなし!

 

◯ロマンティック脳を作る

映画でも、本でも、なんなら妄想でもOK!

とにかくロマンティックなことを頭に思い浮かべましょう。それだけで脳が刺激され、恋愛ホルモンが作られますよ。

できればそれまでに知らなかった、新しい何かへの興味やときめきが効果的です。

 

最近ドキドキが足りないな……そんなあなたはぜひお試しください。

恋愛には欠かせないPEA。その仕組みを賢く利用して恋を楽しみましょう!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 恋愛ホルモンはいつ育つ?ドキドキ感を長くキープする方法
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。