大人女子のためのWebメディア
検索

幸せだけど嫌われてない!?女友達に好かれるのろけ方

素敵な彼とラブラブ!幸せなのはとっても良いことですが、下手なのろけ方をして気づいたら一人ぼっち…なんてことになっていませんか?イイ女の特徴にも「女友達との時間も大切にする」というのはよく挙がりますよね。自分ではその気がなかったとしてもそうなってしまっているのは、そののろけ方に問題があるのかもしれません。

理想的な彼と、幸せな恋愛真っ最中!という人や、ハイスペックな彼と交際したてでウキウキしているという人は、つい、四六時中誰かにその幸せぶりを話したくなりますよね。
しかし、あまりにやりすぎると、いくら大親友でも「もう勘弁して!」とあなたから去ってしまうかもしれません。
そこで今回は、友達に彼の話をするときに注意しなくてはいけないポイントについてご紹介したいと思います。

どんな話題も、ぜんぶあなたの彼の話に持っていくのはNG!

たとえば、友達が自分の失敗談について話していたとします。
そんなときに、「そうそう!失敗談といえば、うちの彼もね~」という具合に、どんな話題でも全て自分の彼の話に持っていってしまう人は、女友達から嫌われてしまいがちです。

友達が自分の失敗談を話しているのであれば、自分も自身の失敗談を披露すれば良いところを、わざわざ彼の話をしてしまうと「のろけ」と思われても無理はありません。

また「自分の彼の失敗談」を聞いたところで、彼のことをよく知らない相手であれば何の興味もないはずです。

友達の失恋話や、結婚報告を聞くために開いた女子会の場でも、今の主役はその友達であるはずなのに、自分の彼との話を話題の中心に持っていこうとする人もいますが、こういう人は、のろけ話云々以前に、空気の読めなさで嫌われるでしょう。

なにかにつけて、大好きな彼の話をしたい気持ちは分からなくもないですが、なんでもかんでも彼の話や恋愛の話に強引にもっていくのは控えたほうが良さそうです。

本当に悩んでいるときだけにしよう

深く悩んでいるわけではないのに、彼の話をしたいがために「ちょっと聞いて~!うちの彼ってね、毎日長電話してくるから寝不足で困る~」など愚痴をこぼしたり…。

愚痴という名のラブラブアピール以外の何ものでもありません。
聞き手からしたら、面白くもなんともない話。
友達だからこそ「はいはい。ごちそうさま!」「幸せそうで良かったね」と受け入れてくれているのです。
感謝しなくてはいけませんね!

でも相手によっては、あなたが本当に悩んでいると勘違いし「困っているなら○○してみたら?」などと真面目に答えてくれる誠実な人もいるはずです。
「あなたの体のことを気にせず、長電話してくる彼なんて良くないよ」とアドバイスしてくれる人もいるかもしれません。

そんなとき、あなたが「でもそんな彼が好きなのよ」「私はこれで幸せなのよ」と答えたら、相手はどう思うでしょうか。
きっと「真剣に考えてあげて損した!」と思うでしょう。

だれもが、あなたののろけを優しく受け入れてくれるとも限りません。
友達に愚痴や悩みを相談するときは、本当に困っているときだけにしておきましょう。

ハイスペックな彼について自慢するのはほどほどに

あなたの彼が医師や弁護士だったり、お金持ちだったり、有名人や社長だったりと超ハイスペックだったとしても、それは「彼」がすごいのであって、あなたがすごいのではありません。

それなのに、ついハイスペック彼をつかまえた女性は「私の彼はドクターで、昨日も緊急オペでデートに遅刻したのよ」とか「私の彼は年収が○千万あるから、節税でいろいろ大変そうなの」とちょいちょい不要なワードをちりばめて自慢したくなってしまいがちです。

「彼がドクター」「緊急オペ」などのワードは必要でしょうか。単に「彼、仕事が忙しくて遅刻したのよ」で済む話です。
「年収○千万」というワードも不要ですよね。「彼がいろいろ節税とか考えていて大変そう」だけで充分です。

その他にも、彼の出身校、会社などが自慢したくなるような有名なところだったとしても自分からあえてそれを話すのは、品がないというもの。
相手から聞かれたときだけ答えるようにしましょう。

あくまでも「○○社勤務」なのも「年収○千万円」なのも、あなたではなく「彼」の努力の賜物なのですから、あなたが自慢するのはおかしなことであるとわきまえておきましょう。

のろけすぎて嫌われるより、聞き上手の人気者になろう

たしかに、理想的な彼と幸せな恋愛をしているときは、他に何も見えなくなり、彼との幸せなエピソードを誰かに聞いてもらいたくなってしまう気持ちはよく分かります。

でも、恋愛だけにのめり込んで、あなたを支えてくれている友達や周りの人たちをないがしろにしてはいけません。

場の空気や相手の気持ちを読まずに、一方的に彼の話ばかりしていては「のろけすぎで鬱陶しい!」と思われ、嫌われても仕方がありませんよ。

恋愛がうまくいっていて幸せで、心の余裕があるときこそ、ぜひ聞き上手になってみましょう。
心の余裕があれば、友達の話をしっかり受け止めて、一緒に悩んだり、喜んであげたりできるはずです。

 

せっかく幸せな恋愛をしているのであれば、のろけ話のせいで友達を失うよりも、聞き上手になってさらなる人気者を目指しましょうね!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

関東在住の30代。どんなに忙しくても自分磨きや趣味を楽しむ時間を持てるような生活を目指して頑張るワーキングママです。本業のかたわら、ライターとしても活動中。30代になっても輝き続ける女性を応援しています!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。