大人女子のためのWebメディア
検索
2017年01月27日更新

こんなケンカはダメ!”別れ”ではなく”結婚”に繋げるためのケンカとは?

彼との喧嘩で、良い方向に進むか、最悪別れに繋がってしまうか…それこそ喧嘩の仕方次第!!喧嘩になってしまった際にはこの記事を思い出してみてくださいね。

男女は基本的に愛し合うものですが、時には喧嘩が発生し別れに繋がる可能性があります。
しかし、喧嘩するほど仲が良いと言われるように、必ずしも衝突は全てがネガティブではありません。
男女の交際は、破局する為ではなく結婚というゴールインに向けて進まなければいけませんので、常にそれを意識すれば泥沼の関係を避けることができます。

外見を否定するような言葉はNG

外見を否定するような言葉は、相手を深く傷つけてしまい修復不可能になります。
考え方や生活習慣などは、注意すれば変えていくことができます。
しかし外見は整形しない限り変わりませんし、そもそも整形を求めるような関係性は好ましくありません。
顔は大切な両親からもらったものであり、それを冒涜することはこれまでの人生や両親の存在も否定すると言っても過言ではありません。
人は一人一人に個性があり、その存在は唯一無二であることを意識しなければいけません。

暴力的な言葉はNG

例えば怪我をさせる、生命を奪うことを思わせるような暴力的な言葉は恋人関係はもちろん、人間関係を崩壊させます。
むしろ他人に危害を加えることは法律的に問題があるので、絶対に避けなくてはいけません。
実際に危害を加えなくても、脅迫として違法行為になる可能性があります。
日本は法治国家なので、法律に違反するような言動をしてしまえば全てが崩壊してしまいます。

信頼関係や絆を強くしたいという表現を使う

これまでのように、単に罵り合うような争いには何もメリットがなくデメリットだらけです。
ただ、分かって欲しいからあえて強く言うというような雰囲気を醸し出すと効果的です。
例えば母親が小さな子どもを厳しく叱るのは、嫌いではなく正しい道を歩んで欲しいという願いが込められていますが、これと同様の気持ちで男性に接することが大切です。

 

感情のままに罵ることとあえて厳しいことを言うのとでは大きく違います。

今一度頭の中を冷静にして、向き合うことが大切です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。