大人女子のためのWebメディア
検索

自覚がないのはあなただけかも…束縛彼氏の特徴3つ

彼女の行動を無意識に制限してしまう束縛彼氏と付き合うと女性は苦労が絶えません。そんな“束縛彼氏”の特徴を3つご紹介いたします。

人は大なり小なり独占欲はあるもの。

その中でも、自分の心を優先し、相手に自分の意見を押し付けてしまう束縛彼氏は意外と多いですよね。 今回は、そんな“束縛彼氏”の特徴を3つご紹介いたします。

1:電話やメールがマメ

一見、連絡がマメな男性は良いと思われがちですが、度を超えるとたちまちストーカー彼氏に…。

都合が悪く、たまたま電話に出れなかっただけで、電話に出るまで何度もかけてくる。

メールの返信が少し遅くなっただけで、「どうしてメール返してくれないの?」と再びメールを送ってくる。

 

そんな彼氏は、あなたが今なにをしているのかをわかっていたい“束縛彼氏”。

彼は仕事であなたは休みという日があれば、休憩のたびに「今なにしてるの?」という電話をしてくることは、ほぼ間違いありません。

友だちと会っているときでも関係なく連絡してくる束縛彼氏は、正直少し厄介です。

あまりにもそんな連絡ばかりだと、さすがにうんざりしてきてしまいますよね。

2:1日の予定を細かく聞いてくる

毎日毎日「今日は何をしているの?」と、あなたの予定を事細かに聞いてくるのも束縛彼氏の特徴の1つ。

「買い物してくるよ」と答えたとしても、「どこに?」、「何時から?」、「誰と行くの?」など、彼の質問は止まりません。「何をしててもいいでしょ」なんて答えた日には、彼は機嫌を損ねてしまい、その後が大変面倒なことに…。

急用が出来てしまい、彼に連絡が出来ずに事後報告になってしまった場合も、彼の機嫌は一気に悪くなってしまう可能性があり、なかなか気が抜けません。

 

1つでも自分の知らないことがあるとすぐに機嫌が悪くなってしまう束縛彼氏を持ってしまうと、あなたはその彼にとって機嫌をとるための存在となりかねません。

そんな付き合い方をしても長く続くはずもなく、なにより楽しくないですよね。

3:目立つファッションを嫌がる

自分の好きな格好が出来ないというのも、束縛彼氏を持った女性の運命と言っても過言ではありません。

短いスカートを履いてみれば「そんな太い足出してどうするの?」。

胸元が開き気味の服を着てみれば「そんなに人に見せたいの?」。

 

彼的には、『他の男に見せたくない』というのが本心のようですが、それを素直に言うのはプライドが許さない。

そのため、彼女側が「そんな言われ方をしたらもう着れない」と思うような言葉を言って、彼女に派手な服を着せないようにしてしまうのが束縛彼氏のやり方です。

 

「かわいいね」と褒めてくれると思っていた相手に「そんな格好…」と言われてしまうと、とても傷つく上に、毎回なにを言われるのかと気に掛けながら会わなければいけなくなってしまいます。

 

 

彼女の行動を無意識に制限してしまう束縛彼氏と付き合うと女性は苦労が絶えません。

ごく稀に、「そういう人がいい」という女性もいますが、束縛されることが苦になってしまうという人がほとんど。

わかりやすい束縛をする人から、『束縛されている』と自覚しにくい束縛をする人まで幅はさまざまですが、最初は許せる範囲の束縛でも、徐々にエスカレートする場合もあります。

付き合うのが辛いと感じたら、冷静に彼との今後を考えましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

”いつでも可愛く、元気なママ”で居られるように、WEBライターとして精力的に活動している2児の母。美容はもちろん、家事も仕事も手を抜かない努力型人間。有益なコンテンツ制作のため、情報収集に奔走する毎日です。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。