大人女子のためのWebメディア
検索
2017年05月10日更新

W不倫している男女の切ないホンネ

「W不倫は絶対にダメ」という考えをお持ちの人は、不倫中の男女の切ない気持ちに思いなど寄せたくもないはずですが、W不倫しようと思ってしている人ばかりではありません。彼女たちの本音はどうなのでしょうか。

「W不倫は絶対にダメ」という考えをお持ちの人は、W不倫している男女の切ない気持ちに思いなど寄せたくもないと思いますが……でも、おそらく誰もが知っているとおり、W不倫しようと思ってしている人ばかりではないですよね。

気がついたら結婚している人を好きになってしまった、というのが、W不倫の始まりだったりもするわけです。

W不倫という恋愛はない

だからホントは、「不倫とかW不倫という恋愛はない」と考えたほうがいいと思うんです。つまり純粋に「人を好きになる心の動きがある」だけで、好きになった相手が偶然結婚していた、というだけ、ということ。

この「好きになった相手が偶然結婚していた、というだけ」というのに、不倫反対論者は、烈火のごとく怒る、というのは知っていますが。

さて、W不倫している人は、なぜW不倫をするのか? ふだんの日常生活では得ることができない「気持ちよさ」を味わいたいから。こういう理由があります。

気持ちいいというのは、なにも性的な快感だけではありません。旦那が「お姫様扱い」してくれないことに悲しんだ奥さんが、「わたしのことを、会えばいつもお姫様扱いしてくれる既婚男性」と「夢のようなひととき」を過ごすわけです。

あるいは旦那や友だちには言えない悩みを、ひそかに打ち明ける相手がいないと、うまく生きていけないから、W不倫するのです。

だから、W不倫をしている男性が「不倫相手の子どもって、おれ、会ったことないけど、そういう子の進学の相談とかをされるって、なんか妙な感覚になる」と言うワケです。

あるいは、若い頃、遊んでこなかったから、オトナになって遊びたい、だからW不倫しちゃった、という女性もいます。

たとえば今、40代後半の女性は、若い頃「女は25歳までに結婚するもの」と、社会から「決めつけられて」いました。だから多くの女性は25歳までに結婚して子どもを産みました。

その子どもたちが現在、この項を主に読んでくださっている女子なわけです(いつも読んでくださってありがとうございます)。25歳までに結婚して子どもを産んだのはいいけど、40歳を過ぎてふと周囲を見渡してみると、「みんなよく遊んでるなあ」と感じるわけです。

だから「わたしも若い頃にできなかった遊びをしたい」と思うワケです。子どもだってもう十分オトナになったし、と思うワケです。

「好き」という気持ちが芽生えた時点ですでに「W不倫」

W不倫反対論者をさらに怒らせるようなことを言うなら、W不倫って、簡単にいえば、オトナとしての心の隙間を埋めるために「ついやっちゃうもの」です。オトナになっても、女性の心の中には「お姫様願望」ってありますよね? あってふつうだと思います。

オトナになって、「これは旦那に相談すべき」と思っても、誰しも人間ですから、旦那より相談しやすい相手、つまり不倫相手に相談しちゃうことだってあるでしょう。つまりW不倫って、ホントに人間臭い行為で、それは一概に「いい・悪い」と切れないものです。

W不倫したくてもしない人はきっと、理性で「この人を好きになってはいけない」と思うのだろうと思います。あるいは「心底好きにならないようにしよう」と思うのだろうと思います。

ふつうはきっと、そういう理性がはたらくのでしょう。みなさんオトナだから。でも、その理性がきかなくなるほど、誰かのことを好きになってしまったら、どうしますか?

好きだけどつきあわない、好きだけどエッチしない、もちろんこれでOKだと思いますが、「好き」という気持ちが芽生えた時点で、すでにW不倫なのです。

Written by ひとみしょう

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

『恋学 ~Koi Gaku~』は、恋に悩む大人の女性の恋愛を応援する「恋を学ぶ」情報サイト。仕事も恋愛も頑張る女性に向け「恋を学んでもらう場所」として、月間1100万PVを達成しました。街コン・パーティー総合ポータルサイト「街コンジャパン」を運営しているため、各種街コン最新情報やイベントレポートを含め、恋愛プロライターによるコラムや恋愛診断、ユーザー参加型のアンケート調査も随時行っています 。 運営サイトリンク:「恋学 ~Koi Gaku~」「街コンジャパン」「婚活ジャパン」
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。