大人女子のためのWebメディア
検索
2017年06月08日更新

独身は負け組じゃない!?結婚しない幸せとは

結婚しないからといって負け組とは限りません。むしろ結婚しない幸せを考えてみましょう!結婚しないメリットとは…?

30代、40代になると、周りの友達の多くは結婚して、子どもを産んで…と、自分の家庭を順調に築き上げている最中で、自分だけが「いつまでも独身」でいることに肩身のせまい思いをしている大人女子も多いのではないでしょうか。

でも見方を変えれば、結婚しないほうが実現しやすいこと、手に入るものもあるのです。
今回は、あえて「結婚しない幸せ」についてご紹介したいと思います。

心おきなく仕事に邁進できる!

家庭を持つと、夫の事情で転居を余儀なくされたり、子どもの保育園や学校の関係で働く場所や時間帯を制限されたりするのはよくあることです。

本当はやってみたい仕事があっても「土日は子どもの面倒を見なくてはいけないから働けないわ」「夫がシフト制だから、私は定時で上がれる仕事じゃないとダメ」など、家庭の事情で諦めてしまう人も多いはずです。

出世のチャンスがあっても「子どもが熱を出したら休みます」「残業は18時までしかできません」「夫が海外赴任になったらついていく予定です」という事情があると、堂々と「お引き受けします!」と言いづらくもなるでしょう。

でも家庭を持っていなければ、あなたが働きたいときに働きたいだけ仕事に邁進できます。
やってみたい仕事の求人が地元になくても、遠方になるならば、思い切って転居して仕事をすることだって可能なのです。

面倒な人間関係を作らないで済む

結婚するというのは、垢の他人と家族になることです。
他人である夫だけでなく、夫の親・兄弟・親戚・友人…夫にまつわる人間関係すべてがあなたの生活の一部として関わってくるわけです。

とくに冠婚葬祭・盆暮れ正月などは、嫁ぎ先によっては「嫁」としてのつとめが多く、気疲れしてしまうことも多いはずです。
姑や小姑との折り合いが悪い場合は、こういった親族の集まりは地獄です。

その点、独身であれば、冠婚葬祭は自分の親族だけですし「まだ独身なの?」という質問や視線にさえ我慢すれば、ある程度伸びやかにいられるはずです。
また盆暮れ正月のイベントを、気の置けない友人や、自分のありのままを受け入れてくれる家族や恋人と過ごせるのは独身者のメリットでしょう。

女性同士の競争から一歩引くことができる

女性というのは面倒なもので、何かにつけて仲間同士でマウンティングする傾向があります。

どこの大学に行ったか、どこに就職したか、どんな人と結婚したか、相手の年収、住んでいる地域、住宅の値段などなど、なんでもかんでも人と比べて、優劣を競っている人、あなたのまわりにもいるのではないでしょうか。

結婚相手を競ったかと思うと、次は子どもがどの幼稚園に入ったか、どの小学校に入ったか、どの中学に入ったか…など女同士が競うネタは永遠に尽きないかのように思えます。

そんな中、独身であれば、まず「夫のレベル」を競う必要もありませんし「子どもの偏差値や将来性」を競う必要もありません。

友人同士のこういった話題も「私は関係ないわ~」とスルーしていられるので、心に波風が立つこともないでしょう。

この女同士の競争社会から離脱できるのも、独身者の大きなメリットのひとつなのです。

お金も時間も自分のために使える

なんと言っても、独身であれば、子供の学費をためる必要も、万が一のために家族に残すお金を心配する必要もありません。

自分が老後、暮らせるだけの蓄えや備えさえあれば、あとは自分の自由です。
趣味にお金をかけたり、自分へのご褒美にエステに行ったり、海外旅行に出かけたりするのも自由なのです。
住居の選択や、インテリアも、誰の都合を考えることもなく、あなたの好みで自由にできます。

既婚者にも自由になるお金がや時間がたくさんある人は大勢います。
でも彼らには独身のあなたほどの「自由」はないかもしれません。
海外に行きたいと思っても、家族の都合が合わなかったり、家族の意見が合わずに行きたいところに行けなかったりするかもしれません。

独身であれば、いつ、どこに、誰と旅行しようと、あなたの自由。
自由を愛する人にとって、独身生活はなかなか魅力的なものであるはずです。

おひとり様生活を楽しむことが幸せにつながる

もちろん結婚して家族を持った人にしか味わえない幸せも多々あるのも事実です。
でも、ないものねだりをしてネガティブな気持ちで生きていても幸せにはなれませんよね。

結婚していないことを否定的に捉えるのではなく「ラッキー」と思いながら満喫してみましょう。
そうすれば、誰かと比べて肩身のせまい思いをすることもありませんし、自分の人生を謳歌しているあなたの魅力に気づいてくれる素敵な男性とのご縁も引き寄せられるかもしれませんよ。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

関東在住の30代。どんなに忙しくても自分磨きや趣味を楽しむ時間を持てるような生活を目指して頑張るワーキングママです。本業のかたわら、ライターとしても活動中。30代になっても輝き続ける女性を応援しています!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。