大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • あなたならどっちのタイプを彼氏にしたい!?〜ドS彼氏 VS ...
2017年06月16日更新

あなたならどっちのタイプを彼氏にしたい!?〜ドS彼氏 VS 子犬系男子〜

夏は恋愛の季節♡
素敵な出会いを求めて出かけるだけでなく、自分のタイプを明確にしておくことも大切です!
どんな恋愛がしたいのか、彼とどんな付き合い方をしたいのか、自分が好きになる相手と好かれる相手のタイプはどう違うのか…。
いざ、その時が来てしまう前に、脳内シュミレーションをしておきましょう♡
まずは…”ドS彼氏”と”子犬系男子”、あなたはどっちの彼がタイプですか?

「ドSで俺様な彼に翻弄される恋」

安定よりも刺激を求めるあなたへ♡
ちょっとイジワルだけど、頼り甲斐があるから引っ張っていってくれるS彼氏。
たまに見せる優しさに胸キュン、誰よりも想ってくれていることにまた胸キュン!
強引だけど愛情たっぷりなストレートな恋愛模様をこの2冊でシュミレーションしてみませんか?♪

 

GAME~スーツの隙間~【電子限定おまけ付き】 1 (Love Jossie)

【GAME~スーツの隙間~】作者:西形まい
税理士事務所に勤める小夜(さよ)。27歳にして副部長のバリキャリ。同僚からも「仕事の鬼」と呼ばれるほど。仕事を何よりも最優先にするため、彼氏と一緒の時も、ケータイに取引先からtelがあれば、彼氏は放置。そんな折、新入社員が2人入社。K大卒、法学部トップ成績の桐山僚一と、W大卒の荒川修。小夜は桐山の指導担当になり、取引先に向かう車中で…!?

 

弁護士カレシ : 4 (ジュールコミックス)

【弁護士カレシ】作者:流田まさみ
司法試験に3度落ちても、あきらめずに弁護士を目指す夏目。彼女は過去の衝撃体験=「呪いのキス」のせいでこれまで恋もできず、不運続きの人生だった。ようやく就職した弁護士事務所では、そのトラウマの原因となった相手、辰巳と再会してしまう!決して会いたくない相手だったのに、夏目は、辰巳の専属パラリーガル=弁護士補助にさせられてしまう。自分勝手のドS系・辰巳に振り回される、夏目の恥辱的な日々が始まった。「俺はもう夏目を逃さない」「一日中、俺のことを考えて仕事しろ!」、彼の要求はどんどんエスカレートしていって。果たして夏目は無事に弁護士になれるのか?そして辰巳との禁断の関係はどうなるのか?恋も仕事も真剣勝負のラブストーリー!

「無邪気で健気な子犬系男子に癒される恋」

母性本能をくすぐられたらイチコロなあなたへ♡
ついよしよししたくなっちゃう可愛さを持っている子犬系男子。
時々イラっとすることもあるけれど、いなくなったら寂しすぎる!
無邪気でまっすぐな目で見つめられたら、怖いものなし!?

 

菜の花の彼─ナノカノカレ─ 1 (マーガレットコミックス)

【菜の花の彼―ナノカノカレ―】作者:桃森ミヨシ ・鉄骨サロ
中学時代のトラウマがもとで素直に恋ができない菜乃花。でも街で男の子のやさしい言葉を耳にした菜乃花は思わず告白してしまいます。顔を見る前に―。恋に傷つき、恋に癒される、これは、そんな物語。

 

小悪魔くんの甘い囁き 15巻 (女の子のヒミツ)

【小悪魔くんの甘い囁き】作者:有生青春・GSST
奈月は地方都市在住の29歳。独身、恋人なし、女子力絶賛低下中。リキュールより焼酎派。そんな彼女の前に突然現れた年下男は、さわやかな笑顔で女子に人気ながら、実はけっこう強引な行動派だった。ある日居候先を追い出された、と奈月のアパートに転がり込んでくる。恋人でもないイケメンとの同居生活。最初は弟ってこんなカンジなのかな、と思っていた奈月だったが、酔ってキスしてしまってから、異性として意識してしまうことが増えていく。その後も仕事に追われる彼女を優しくサポートし、応援もしてくれる彼の態度に、切ない感情が膨らんでいくのを抑えきれないのだった。ふたりの微妙な関係の終着点はいったいどこに?

 

 

理想の彼との理想の恋をイメージすることで、引き寄せることができるかも!?

恋愛脳をONにして素敵な恋をしてくださいね♡


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • あなたならどっちのタイプを彼氏にしたい!?〜ドS彼氏 VS ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。