大人女子のためのWebメディア
検索
2017年06月28日更新

浮気や嘘がばれて後悔…恋人の信頼を取り戻す方法とは

浮気や嘘で最愛の人の信頼を失ってしまった…お付き合いをやめたくないのであれば、どうにかして信頼を取り戻さなければなりません。信頼がないお付き合いは、うまくいきませんし、お互いに幸せではなくなってしまいますからね…。そこで今回はどうしたら信頼を取り戻す事ができるのか、ご紹介していきます。犯してしまった過ちをなくすことはできませんが、その後の努力次第では信頼を回復することは可能です!!

つい出来心で浮気をしてしまった…。
軽い気持ちでついた嘘がばれてしまった…。
ひどい言葉を使って相手を傷つけてしまった…。

なんらかの理由で、大切な恋人の信頼を失ってしまったとき、どうしたら良いのでしょうか。
そのまま振られてしまうのが嫌なのであれば、なんとかして彼の信頼を回復しなくてはなりません。
今回は恋人の信頼を取り戻す方法についてご紹介しましょう。

自分の非を認め、誠心誠意謝ることが先決!

なにをおいても、まず1番先にすることは、あなた自身の言葉で心をこめて謝罪することです。
誰かの受け売りや、建前上のうすっぺらな言葉ではなく、あなた自身の心と向き合い「何が悪かったのか」を考えたうえで、自分の言葉で心からお詫びすることが大切です。

決して「あなたが最近忙しくてかまってくれていなかったから」などと相手に責任を押し付けるような言い訳をしてはいけません。

あなたの裏切りや嘘によって、相手は深く傷ついているはず。
自分の保身ではなく、相手の傷ついた気持ちを思いやってあげる姿勢を見せることが必要です。

軽く「このあいだはごめんね!」と謝るのではなく「このあいだはひどい言い方をして傷つけてしまいごめんなさい」「私が嘘をついて信頼をうらぎってしまったこと、ごめんなさい」と、しっかり自分の悪かった部分を具体的に伝えて謝罪しましょうね!

彼の話に耳を傾け、どんな怒りも甘んじて受け入れる

彼があなたに寄せていた信頼を裏切ったことで、彼は傷つき、多少感情的になっているかもしれません。
あなたにとって耳の痛いことを言われたり、つらい言葉を投げかけられたりすることもあるでしょう。

でもそこは、言い返したい気持ちをぐっとこらえて、とにかく彼の話を真剣に聞くのです。
聞き流して適当にあいづちを打ったり、いい加減な答えをしたりすると、その不誠実な態度が相手の怒りに油を注いでしまうので、とにかく聞き役に徹し、誠実に対応しましょう。

彼が怒りや失望を感じながらも、あなたを許してくれるのであれば、
「ありがとう。これからはあなたを傷つけないように、あなたの気持ちや状況をよく考えるようにするね」
「ありがとう。もうあなたが不安にならないように、毎日必ず電話をするね」
などと、今後どうやって信頼回復に努めるかを具体的に伝えましょう。

どうしても彼の怒りが収まらないようなら「それならあなたは私にどうしてほしい?」「私がどうすれば、信頼を取り戻せる?」と彼に聞いてみましょう。
そしてできるかぎり、彼の要望に答えていくことが、あなたの誠意の見せ所となるでしょう。

彼の不安・不満材料を消していく

もし、あなたの裏切りが「浮気」だった場合、彼の失望や不信感は相当なものでしょう。
1度浮気をされると、ちょっと連絡がつかなかったり、様子がおかしかったりするだけで「また浮気しているのではないか」と疑念をもってしまうため、彼もとても辛いはずです。

彼の信頼を取り戻すためには、彼をもう2度と失望させないというあなたの決意を、彼に見せることも必要です。

浮気相手の電話番号やアドレス、ラインなどを全部消しましょう。
一緒にとった写真や、一緒にいった映画の半券など、彼がうっかり目にしてしまったら傷つくような物的証拠を一掃してしまいましょう。

それでも足りない場合は、あなたの携帯電話番号やラインIDなどをぜんぶ新しくし、メモリーカードなども破棄してしまいましょう。
浮気相手が職場の同僚だったりした場合は、仕事を変える覚悟も必要でしょう。

大げさだと思うかもしれませんが、あなたがどうしても手放したくないと思う大切な彼を裏切ってしまったのですから、このくらいの禊は当然ともいえます。

また毎日の電話やLINEも、彼が望むのであれば頻繁にしましょう。少しずつ彼に安心を与え、信頼回復に努めるのです。

彼を幸せな気持ちにさせることが、罪滅ぼし

もしあなたが彼とずっと一緒にいたいと心から願うなら、浮気や嘘や言葉の暴力で相手を傷つけないようにするのが1番です。
でもつい相手の信頼を失うような言動をしてしまった場合は、上記のような方法で、
彼にしっかり誠意を見せましょう。
もし彼が許してくれたなら、彼がもう一度あなたにくれたチャンスを無駄にしないよう、これからは「私が彼を幸せにしてやる!」という気持ちを忘れないようにしましょう。

 

 

相手を幸せにするためには、もう2度と相手の信頼を裏切ることはできないはず。
彼が安心して、仕事やプライベートを円滑に進められるように、精神的に支えとなれる存在を目指しましょうね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

関東在住の30代。どんなに忙しくても自分磨きや趣味を楽しむ時間を持てるような生活を目指して頑張るワーキングママです。本業のかたわら、ライターとしても活動中。30代になっても輝き続ける女性を応援しています!

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。