大人女子のためのWebメディア
検索
2017年07月27日更新

LINEで仲直り!喧嘩をしても丸く収まるLINEの送り方3ステップ

喧嘩している状態が長引けば長引くほど、仲直りし辛くなってしまいますよね。面と向かって話ができないのであれば、LINEを利用するのも◎!今回はLINEでの仲直り方法の3ステップポイントをご紹介します。

喧嘩をしてしまうとなかなか仲直り出来ないものです。
そんなときはLINEで気持ちを伝えてみましょう。
気持ちが伝われば、LINEでも仲直りすることは十分可能です。
相手だって仲直りをするきっかけが掴めないでいるだけかもしれません。
LINEであれば、簡単に送れますから口では言いにくいことも伝えやすいはずです。
そこでLINEで仲直りする方法をご紹介していきます。

①率直に謝ること

喧嘩をしたときの仲直りの方法で1番効果的なのが率直に謝ることです。
ツールがLINEであっても同じ効果があります。
喧嘩の原因が何であったかを書いて、それについて謝るのです。
ここで大事なのが謝る文章だけを送ること。
相手の非を認めさせるような一文は入れてはいけません。
ただ謝るだけにしましょう。その姿勢が喧嘩の仲直りを早めることになります。

②スタンプだけを送る

仲直りしたいというスタンプを送ることもいい方法です。
「ごめん、仲直りしたい」という気持ちがスタンプから伝われば、早い段階で仲直りできる可能性があります。
これもスタンプだけを送ると効果的です。
謝罪の気持ちが伝わるだけでいいのです。
他のことは仲直りしてから考えるくらいの気持ちが伝われば早期に解決できます。

③すぐに実行する

喧嘩をしてからLINEを送るまでに時間がかかると、2人の関係がギクシャクすることになります。
そうなってしまうと、簡単に仲直りできなくなります。
仲直りしたいと思うのであれば、できるだけ早くに気持ちを伝えることが大事です。
気持ちが伝われば、大事にならずに済むかもしれません。
色々考えて行動するのもいいですが、謝罪はすぐに行うのがいいのです。

まとめ

喧嘩をしてしまって、仲直りしたいと考えているのならLINEは手軽で便利なツールです。
読んでいるかもわかるので、見過ごされていないと判断することもできます。
謝罪を受け入れないのであれば、既読もつかないので分かりやすいです。
気持ちを伝えることが仲直りする第一歩なので、自分から気持ちを伝えることが大事です。


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。