大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 出会いたいなら「友達と一緒」から卒業しよう/オトナ女子のため...
2017年08月02日更新

出会いたいなら「友達と一緒」から卒業しよう/オトナ女子のための『実践的☆出会い道』第五十一回目

「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこさんが、幸せな恋をしたい女子に向けて贈るコラムです。今回は合コンやパーティーに出かける機会が増えるこの時期に、友達と一緒に出掛ける場合の注意点についてお伝えします。
にらさわ


幸せな恋をしたい女子のみなさま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。
「夏こそ出会いたい!」――そんな思いで、合コンやパーティーに出かける方も多い季節になりました。今回は、友達と一緒に出掛ける場合の注意点についてです。

 

ダメ出し会になってはいけない

「出会いたいなら出かけよう」というのは大前提ですが、出かける場合でも一人で行く場合と友達と行く場合の2パターンがありますよね。特に合コンの場合は、友達数人で出かけるのが普通ですから、終わった後に反省会をしたり、延々とラインで会話を続けるような場合もあるでしょう。

そのときに注意したいのが「ダメ出し会になってはいけない」です。「あの人ちょっと変だったよね」と誰かが言い出したりすると、「そうそう」と合わせたくなりますが、これをしてはいけません。参加女性全員が好ましく思う男性がいるはずもない以上、これを始めると素敵な男性がいなくなってしまうからです。

好みは被らないのが当然

そもそも友達の旦那様をみなさま、「素敵だな」って思いますか? または雑誌のカップル特集や夫婦特集の男性を「好み」って思いますか? 

何人かいるうちなら数人を「いいな」と思うかもしれません。が、普通はそれほど「いい」と思う人がいないのではないでしょうか。…当たり前です、その男性はあなたの好きな人じゃないのだから。

でもカップルの女性にとっては、その男性は最愛の人です。あなたから見て「おしゃれでなかろう」と、「ちょっと太って」いようと、そんなことは女性には関係ないのです。それを補って余りある「いいところ」を知っているはずですし、あなたが好ましくないところだって、彼女からすれば「好み(かもしれない)」から。

ダメ出しに同調しない

つまり人の好みなんて、千差万別なのが当たり前。あなたの好みと友達の好みが全く同じというのはありえません。なのに、大勢の会に出ると、つい人の意見に合わせてしまいますが、そんなことをすると素敵な男性など地球上に皆無となるでしょう。しかもあなたが「いい」と思わなかった人でも友達は少しは「いいな」と思ったかもしれません。

だから、あなたは「こんなところが変だった」と男性のダメ出しをしないでほしいのです。だって、友達が「いいと思った」といいづらくなりますから。

同様に、ほかの女性からそんな話が出ても、「そうそう」と合わせないでください。むしろ、「こんないいところもあったよ」と、男性のいいところを見つけて口にしてほしいのです。すると案外「そうそう」と友達も同調するはずですから。

仲人さんを真似てみよう

昔のお見合いでは、仲人さんが間に入って、男女の仲を盛り立ててくれました。「あの人、ああ見えて、こんなに素敵なのよ」「あなたのことをいいと言っていたわよ」など。そしてそんなことを言われたら「そうかな?」といい気分になるのが人の常。これがあったから、昔はお見合いがちゃんと成立していたのです。

そこで、みなさまにもこの行動を自分で行ってほしいのですね。「●●くんは▽▽ちゃんのこと、好きっぽかったよ。連絡してみれば」など。逆に、男性をディスるのはもってのほか。誰かの中にほのぼのと生まれかけていた感情をつぶしかねない非情行為だと心得えておきましょう。

反省会はおおらかな女性としよう

つまり、合コンやパーティーに出ると、女子同士反省会になりますが、そのときに、できるだけ「盛り立てていく」方向に話を持って行ったほうが、実際に恋の確率が上がります。そしてもしも、口の悪い友達と出かけざるを得ないなら、反省会は結婚している友達や彼氏ありの友達に報告がてら行うことです。実際、彼や夫持ちの女性は、心が広い人が多いです。

男性のダメなところも「そんなの普通よ」と言い切ってくれるので、あなたも安心して、関係を先に進めることでができるようになるのです。

まとめ

・会合の後は「褒める」会を催そう!

・反省会はおおらかな女性としよう!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。 未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 出会いたいなら「友達と一緒」から卒業しよう/オトナ女子のため...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。