大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「結婚したい男性」の見抜き方/オトナ女子のための『実践的☆出...
2017年08月09日更新

「結婚したい男性」の見抜き方/オトナ女子のための『実践的☆出会い道』第五十二回目

「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこさんが、幸せな恋をしたい女子に向けて贈るコラムです。今回は「結婚を本気で考えている男性」の特徴についてお伝えします。
にらさわ

 

幸せな恋をしたい女子のみなさま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。

最近当研究所には、男性たちからの「結婚を決めた」報告が相次いでいるのですが、いずれも出会って3か月以内や付き合ってひと月程度のスピード婚でした。しかし話を聞く限り、「焦った」「無理をした」わけでもない。どうすれば、男性に結婚を決めてもらえるのでしょうか。

 

「結婚したい度」VS「イケ度」

当研究所の調査では、結婚したいならやはり「結婚したい男性」と知り合うのが近道です。

もちろん、女性の皆様はそんなことはよく知っていますよね。けれど、現実の男性と向き合うと、「結婚したい度」よりも「イケ度」や「好み」を重視したくなるのが人の常。

「イケているのなら…」「好みなら…」「私のことをいいと言ってくれるなら…」と、そこまで結婚したいか不明な男性を選びたくなってしまうでしょう。

結婚を決めた男子の共通項

または、イケメンや好みの男性と特に知り合っていなくても、誰でもいいとは限りません。結婚したいと言っている人を見ようにも、「好みでないから」「男性として見れない」「おっさんにしか見えない」などと感じて交流が続かないのですよね。つまり、好きな人と寄り添いたいという女心が結婚を遠くしている。

…でも、安心してください!当研究所に報告をくれる男性は「イイ感じ」の人たち。かっこいいとか、エリートだとか特別な人ではないけれど、「結婚するならこんな感じよね」を体現している男性たちなのですね。そんな彼らがスルスルと「結婚を決めた」わけですが、そこにこそ、ヒントがあるはずです。そこで共通項を見てみると…実は彼らは「心から結婚したいときだった」のです。

結婚したいときとは?

とはいえ、口先だけで結婚したいと言っている人はよくいます。そんな人と知り合っても、結婚に至れない場合も多々あります。それは、彼らが「本心から結婚したい」時でないからですが、では、「本気で結婚したくなった時の男性」はどう見抜けるのでしょうか?

特徴を3つにまとめました。「①身辺に変化があった」「②アラフォーである」「③一人暮らしをしている」です。解説していきましょう。

身辺の変化とは?

まず「①身辺に変化があった」ですが、男性の身の回りに大きな変化があったときのことですね。具体的には「親や自分が病気になった」「転勤になった、転職した」「男友達がほぼ結婚した」ときなど。

この変化は実際に変化があってから「1年以内である」のもポイントです。1年を過ぎると変化に慣れるので、結婚へのモチベーションが減っていってしまうのです。

アラフォー男性が有望

次の「②アラフォーである」については、結婚を決める男性の年齢の実年齢から申しました。男性は女性よりも10歳遅れで結婚意識が高まる傾向にあるので、女性が30歳を前に結婚を意識するように、男性も35を超えてくると次第に意識が強まります。

逆に、40代半ば以降になると、一人でいることに慣れてしまうせいか、「結婚したい」と言い続けている割に「イイ人がいたら」「数年以内には」と悠長なことを言い出す男性が増える傾向にあるようです。

実家暮らしは難しい

最後の「③一人暮らしをしている」も、やはり結婚を後押ししてくれます…というよりも、実家暮らしの人やシェアハウスに暮らす人たちが、結婚に至りづらいというのが正確です。彼らはすでに共同生活をしているせいか、寂しさはまぎれ、同居人に頼りにされていて、単独行動がしづらい。

それでも30歳前の男性ならば、同居人たちの変化や彼らの圧力がモチベーションとなり、「結婚したい」気持ちにはなります。が、アラフォー以上の男性は、同居人の変化にも、圧力にも慣れてしまっています。だからのんびりしてしまうという傾向にあるようです。

結婚したい男性を探すべし

…以上、「結婚を本気で考えている男性」の特徴を挙げてみました。このような男性を探したり、男性と知り合ったときにこんなチェックをしてみると、より結婚に近い交際が実現できるようになるのだと思います。

まとめ

・「本気で結婚したい男性」を見抜くべし。

・「変化」「アラフォー」「一人暮らし」をチェック!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。 未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「結婚したい男性」の見抜き方/オトナ女子のための『実践的☆出...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。