大人女子のためのWebメディア
検索
2017年08月16日更新

束縛彼女にはなりたくない!束縛になってしまう境界線5つ

こまめに連絡したり、自分以外の女性と会っていたら嫉妬したりしてしまうのは、彼氏のことが好きだからこそ。
そしてこのような行動が行き過ぎて彼氏の行動を制限してしまうようになると、束縛彼女になってしまいます。
しかし実際には彼氏が束縛されていると感じるかどうかにもよりますから、自分の行動が束縛になるかどうかの境界線は曖昧です。そこで今回は一般的な束縛彼女の特徴を紹介していきます。

①常に彼氏と連絡を取っていたい

彼氏といつでも繋がっていたいと思う傾向が束縛彼女にはあります。
彼氏が仕事中でも電話やLINEをし、彼氏からの返信があるまで連絡し続けるのです。

②彼氏のスケジュールを把握したがる

1日の終わりに電話をしてその日の彼氏の行動を報告させたり、休日には何をしているのか電話やLINEで確認してきたりし、彼氏のプライベートまで全てを把握しようとします。
そして彼氏の予定が空いている日に自分の予定を合わせ、会う時間を少しでも多くしようとするのも束縛彼女の特徴です。

③被害妄想が激しい

彼氏からの返信が全く無かったり、彼氏が忙しくて会えない日が続いたりすると被害妄想を繰り広げてしまいます。
自分と会えないのは他の女と会っているからではないかと浮気を疑ってしまうのです。

④自分以外の女性との接触を制限したがる

束縛女子は嫉妬心が非常に強く、彼氏が職場の同僚や同級生など他の女性の話をしただけでも激しく嫉妬します。
そしてその嫉妬心がさらに強くなると、彼氏が他の女性と会話することを禁止したり、女性の連絡先を全て削除させたりするようになります。

⑤同性の友達が少ない

彼氏の愚痴を聞いてくれたり、休日に会ったりできる同性の友達が少ないと、意識は彼氏の方ばかりに向いてしまいます。
その結果、彼氏に依存し、彼氏を束縛してしまうようになってしまうのです。

 

 

以上束縛彼女の特徴を紹介してきましたが、いかがでしょうか。
彼氏からうざいと思われないためにも、彼氏に干渉し過ぎないようにすると良いかもしれません。
しかし適度な連絡や、適度な嫉妬心は彼氏も彼女に愛されているなと感じられますから、必要です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。