大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 付き合って1年からが勝負!?結婚したいなら2年目が大切!
2017年09月06日更新

付き合って1年からが勝負!?結婚したいなら2年目が大切!

結婚までの道のりは、長すぎてもダメ!でも短すぎてもダメ!?ということは交際2年目がとっても大切!今回は2年目に突入して気をつけるべきことをご紹介していきます。

男性も女性も、どんな熱愛をしても3年ほど経つといったんその愛情は落ち着きがでてきてしまい「転勤」や「妊娠」など、よほど大きなきっかけがないと、彼が結婚に対して重い腰をあげることができなくなる可能性があります。
ですから、アラサー女子の場合は特に「交際はダラダラ長く続ければよい」というものではありません。
あなたが今の彼と結婚したいと願うなら、交際1年が経過したころからが勝負なのです。
そこで今回は、交際2年目に突入したあなたが注意しなくてはならないポイントをご紹介しましょう。

わがままや甘えはほどほどに

交際開始当初は、約束した時間よりも前にデートの待ち合わせ場所に行っていたのに、1年経って慣れがでてきたことで「彼を待たせて当たり前」「遅刻しても悪いと思わない」なんて思っていませんか?

前は、ごちそうしてくれたら「ごちそうさま」「美味しかった!」、プレゼントをもらったら「ありがとう!大事にするね」と、素直で可愛かったあなた。
今はどうでしょうか。ごちそうさま、ありがとうなど感謝の気持ちを伝えていますか?
ふてぶてしい態度で、彼がしてくれることを当然のように享受しているだけになっていませんか?

親しき仲にも礼儀あり。これは夫婦にも言えることです。
約束は守る、感謝やお詫びの言葉を素直に言う…小学生でもできることができないような女性は、交際2年目に入ると飽きられてしまう可能性が高いですよ。

2年目も新鮮に感情表現しよう

交際して1年が経ったということは、あなたと彼はもうクリスマスもお正月もお互いの誕生日も1度は一緒に過ごしているということです。
誰でも交際して初めてのクリスマスやお誕生日は、盛り上がりますし、とても良い思い出になることでしょう。
しかし、2年目に入ると、新鮮な気持ちを忘れてしまい「嬉しい!」「楽しい!」という感情表現をしなくなりがちです。

でも男性は、彼女が心から喜んでいる笑顔や、感動している涙などにキュンとくるもの。
2年目になり、交際が長くなってきてもなお、新鮮に感情表現してくれる彼女なら「お嫁さんにしたい」と思われるのではないでしょうか。

女であることを忘れない

男性はやはりきれいな女性が大好きです。
そうかと言って、デートのときは毎回、ヘアメイクばっちりでワンピースにハイヒールを履いていれば良いかと問われるとそうではありません。
TPOに応じて、カジュアルな服装や、すっぴんも、彼には見せていくべきだと思います。

でもここで大切なのは、どんなときも「女性である」ことを忘れないことです。
彼の前で平気でむだ毛の処理をしたり、おならをしたり、鼻をほじったり…。
こんなことをしては、100年の恋も冷めてしまうというものです。

いつも「最高の美女」である必要はありませんが、いつも「女性」でいることは彼の恋心を途絶えさせないためには重要なのです。

焦りすぎも禁物!でも焦らなすぎもNG!

交際1年目はただただ「楽しい!幸せ!」だけで過ぎていきますが、1年を超えてくると「結婚」を視野に入れているアラサー以上の大人女子にとっては「交際1年、あんなに楽しかったのに、まだプロポーズしてくれない」と焦る時期でもあるでしょう。
でも焦りは禁物です。
1年目以上に彼に思いやりと感謝の気持ちをもって接していくことで、結果的にプロポーズへの近道へとつながるのです。
ただ、交際3年目以降に入るとダラダラと交際が続き「長い春」になってしまうこともあります。
「35歳までに結婚!」など強い決意がある場合は、あなたの中でプロポーズ待ちの期限を決めておくことも必要かもしれませんね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

関東在住の30代。どんなに忙しくても自分磨きや趣味を楽しむ時間を持てるような生活を目指して頑張るワーキングママです。本業のかたわら、ライターとしても活動中。30代になっても輝き続ける女性を応援しています!
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 付き合って1年からが勝負!?結婚したいなら2年目が大切!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。