大人女子のためのWebメディア
検索
2017年09月20日更新

男性がいつもデートを「割り勘」にする理由とは?

デートが毎回必ずワリカンだと、本当に私のことを大事に思っているの?と疑問が出てくる時もありますよね。彼氏がワリカンにする3つのケースをご紹介します。

 

デート代はきっちり割り勘で、おごってくれるのは誕生日や記念日などの特別な日だけだと、本当に相手にとって大事な人なのかと不安になるものです。けれども、すぐに好きではないと断定するのも早合点。考えられる可能性が3つあります。現在の状況を冷静に知るために、3つのケースを見比べてみましょう。

1.過度な倹約家

男性の中にもドケチで、過度な倹約化タイプは存在します。家計簿をつけるほどまめで、買い物をしても本当に欲しいもの以外は全く購入しないしっかり者タイプは、あまりおごるのを好みません。

女性経験が少ないとなおさら女性におごるという概念が存在していないことも多々あります。この場合には、女性におごるのは先行投資であることを本や雑誌等で教えてあげることがおすすめです。知識をつけさせてあげましょう。

2.お金がない可能性

食事やお茶代などですら、おごるのが厳しいほどの所得の低い方も中には存在します。年収が200万円台もしくはそれ以下の場合で、一人暮らしをしていると、自分の生活費を切り盛りするのがやっとで、実際におごるのはとても難しい可能性が高いです。このタイプは身なりや住まい環境からも所得具合がうかがえるので、チェックしてみるとよいでしょう。

ただし、結婚を視野に入れるのなら、子どもを産み育てる資金は自分で用意が必要になる覚悟も必要になるかもしれません。

3.好きの気持ちが低い

所得もそこそこあり、倹約家でもないのなら、好きな気持ちがそこまで高まっていない可能性が考えられます。趣味のフィギアやコレクションの資金調達を優先したり、あなたよりも好きな人がいたりすることもあります。

この場合には、残念ですがおとなしく手を引いた方が傷つかなくて済みます。早めに見切りをつけて、次を探しましょう。

 

 

おごってくれないで割り勘ばかりだと、好きな気持ちが薄いのかと思い、不安になる方もいるでしょう。しかしおごれない事情を持っていたり、女性におごるという概念がなかったりする人もいます。的確に見極めて、状況を変えていきましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。