大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【女子のばんそうこう】セックスしちゃった…!期待とロマンの前...

【女子のばんそうこう】セックスしちゃった…!期待とロマンの前にまずやること。

セックスから始まった関係って、どうすればいい?みんな気になるそのテーマ、思い切って(経験に基づいた)「奇策」を提案します…いやこれ全員に当てはまるものじゃないんですが、うなずけた女子には有効ですよ…。

 

女性向け恋愛サイトを見ていたら、ランキング上位の記事にはだいたい「セックス」の文字が入ってることに気づいてしまいました。みんなそこに思いや悩みがたくさんある…。

ならば人気キーワードにあやかりたい少しでも女子のお役に立てるよう、今回のテーマは「セックスから入る恋愛」です。

 

始めに言っちゃいますが、私個人は「恋愛はセックスから入らない方がいい」と思っています。「最後(告白→同意、の後)までとっておいた方がいい」派です。

理由は簡単、セックスは「切り札」だから。駆け引きの切り札という意味ではなく(なきにしもあらずだが)、恋心だろうが性欲だろうが、ひとが誰かに惹かれた時に欲するものでいちばん濃いものだからです。言わば「最初のクライマックス」。

それを初手からあっさり差し出してはあまりにもったいない。クライマックスから始まったらさらに上がるのはなかなかに難しい。特に男性は。

もちろんそれでうまくいったカップルもいるだろうし人によりけりではあります。ただ「なるべく最初に致さない方がいいよ」ということで先に進みますね。

 

恋愛サイトに頻出する記事内容で多いのは

 

★セックスした後、彼に「また会いたい」と思わせるには

★セックスしたら好きになってしまった…この後どうする?

 

です。これに関して私の回答は明快ですが、色んな記事を読んでも同じ考えの人が出てこないので心配…。でも言います。

 

セックスしたら即、去れ

 

そして

 

こちらから連絡するな

 

です。

「何それひどい」と思うかもしれない。でもそのくらいでいい。

無言で服を着て去れとは言いません。(楽しかったのであれば)「楽しかった」という気持ちをきちんと伝え、そしてスマートに素早く去りましょう。あなたの家に彼が来たのであれば、居座らせず「この後用事があるのでご退出願いたい」とやんわり伝えましょう。

 

 

お互いの気持ちの確認がいまいち取れてない場合、つまり勢いとノリでヤッてしまった場合、そのセックスは「アクシデント」。非日常です。なのでこちらから勝手に意味をつけ始めるのは早計です。いったん現実に戻り1人になって落ち着くべし。女性が「楽しそうだったのにすぐ帰ってしまって連絡をしてこない」と男性はおそらく「??」となります(ならない人は一夜の関係に慣れっこのヤリチン君の可能性大)。なので高い確率で向こうから連絡がくる。そこで浮かれず、あくまでクールに礼儀正しく一線を引き、レスポンス極少でいきましょう。ただこの「すぐ去って連絡しない」方法、「二度とやりたくない」場合との区別が相手にはつかないというのがたまにキズです(笑)ちなみに、

 

★「次はないな」と思われてしまう女の子の行為とは

 

に対する回答は

 

・した後もずるずる居残って彼女気取りで世話を焼く

・「した仲だし」という感じでいきなり距離を詰めてくる

 

です。正確に言うと2度め3度めはあり得る。ただ本命になるのは難しい。これらは(男が女に以前から好意を抱いていない限りは)「セフレ候補」に進む行為なので大変危険です。セックスを境に世話を焼いたりやたら会いたがったりするのは「都合のいい女」か「鬱陶しい女」です。以前「セックスの後は彼の服をたたんだり朝ご飯を作ってあげるといい」という記事を見つけて仰天しました。既に付き合ってるんでなければ絶対やらない方がいい。

 

セックスは素敵で楽しい。でも特別視しすぎるといつしか「特別だから何を置いてもそれに応じる」人になってしまいます。それは結果的に自分の価値を赤マジックでバーゲン価格に書き換えてワゴンに投げ入れることになる。安く簡単に手に入れたものを男性はあまり大事にしません。特別なものを手に入れるためにはなるべく頑張ってもらう方が得策です。

 

した後こそ、セックス以外の場で自分自身と彼がどういう態度と言葉のやりとりをしていくか。恋心発動の前にそれを目ん玉見開いてしっかり見極めるのがいちばんのキモだと思います。

 

Written by あゆみ


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

広告会社コピーライターからなぜかダンサーに転身、その後IT企業でライター&クリエイティブディレクターとして勤務。共同購入「ギャザリング」やブランド買い取り「ブランディア」の名づけ親。2000年から「広野ゆうな」のペンネームでメルマガやブログを書き続け、ごく一部でコアな人気を博す。現在はフリーでライティング、ネーミング、コピー、コラム、振付など手がける。Blog: 「フーテンひぐらし」 Twitter: @HironoYuna
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【女子のばんそうこう】セックスしちゃった…!期待とロマンの前...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。