大人女子のためのWebメディア
検索
2017年12月04日更新

LINEで分かる!気になる彼との相性チェック

イイ感じの彼…このままお付き合いして結婚♡とるんるんな所、水をさすようで申し訳ないですが…本当にその彼と交際して幸せになれるのか、先の先まで読んで恋愛しませんか?大人女子の大切な時間を無駄にしないためにも、是非チェックしてみてください。今回ご紹介するのはLINEの相性チェックなので、すぐにできちゃいます♡

お付き合いしてから「やっぱり彼とは合わなかった…」なんて時間、大人女子にはありません!
一刻も早く運命の人と幸せな人生を送るためには、お付き合いする前の段階で合うか合わないかを吟味する必要があります。
そこで今回は手っ取り早く気になる彼との相性が分かる方法をご紹介します。
そう、それは今では誰もが使っている連絡ツール”LINE”なのです。

返信頻度

恋愛のお悩みであるあるなのが「彼から返信が来ない」「既読はつくのに返してくれない」といった返信頻度の問題。
“釣った魚に餌をやらない”タイプの男性もいますが、お付き合いスタートから突然返信が来なくなった…というのはあまりないのではないでしょうか。
確かに恋に溺れる…というか「好き!好き!大好き!」みたいな恋愛ピーク時と、お付き合いして少し経った安定期との返信頻度は変わります。
でも”変わる”のは男性も女性も同じ。
男性は返信頻度が減るなど分かりやすいアクションであるだけで、女性は連絡頻度は変わらないものの内容が可愛くなくなったとかそういった変化は少なからずあるのです。
そもそも交際スタートする前の段階で、何となく彼の返信頻度を把握しておくべき。
既読はつけるけどすぐには返信しないタイプなのか、返信できるタイミングでないと既読すらつけないタイプなのか、すぐに返信が来る時間帯はいつなのか…そういう部分を事前にチェックしましょう。
その上で彼のペースが自分に合うのか、合わせられる範囲なのか、それとも無理なのか…考えてからお付き合いするかどうかを決めれば、返信頻度の問題に直面することはありません。

会話タイプ?手紙タイプ?

LINEと言えども、使い方は人それぞれ。
会話しているかのように短文で送るタイプの人もいれば、手紙のように長文で送るタイプの人もいます。
短文のメリットはLINE会話が弾みやすいところ、デメリットは手抜き感を感じる場合があるところ。
長文のメリットは気持ちがこもっている丁寧な内容なところ、デメリットは長時間返信がこない場合があるところ。
あなたはどちらのタイプですか?
まず自分のLINEの傾向を自分自身で把握しましょう。
その上で彼はどちらのタイプなのかを見てみると…「やっぱり合う!」「いや、合わない!」と分かりやすいかもしれません。
でも、普段が短文でもこちらが長文を送れば、合わせて返してくれるような彼ならば”あなたに合わせられる部分”を持っている彼なので、飛び込んでみるのもアリかも♡

スタンプの返信

LINEといえばスタンプ!
言葉では言い表せられない雰囲気もスタンプなら伝わりやすかったり…逆に使い方を間違えるとイイ感じの恋愛も一気に冷めてしまったり…。
送るのは簡単ですが、恋愛となると、しかもイイ感じの雰囲気の彼に対しては使い方が難しいのがLINEスタンプです。
今ではスタンプだけで会話が成り立つくらいバリエーション豊富なスタンプが登場していますが、ここでチェックしたいのがスタンプの返信。
ポイントはあなたが彼の文章LINEに対して”スタンプのみ”で返信した場合です。
その際、彼は「このLINEの流れは終わった」と思い、既読してそのまま…なのか、もしくは彼もあなたのスタンプに合わせてスタンプのみで返してくるのか…という部分。
もちろんこれはスタンプのみで返してくれた方が◎でしょう。
脈ありなだけでなく”送られたら返してくれる男性”ということになります。

 

 

気になる彼との相性チェック、いかがでしたか?
LINEは使う絵文字や顔文字などのトーンの方が”合う・合わない”は感じやすいかもしれませんが、交際するかもしれない彼であればもっと深くチェックすると「こんなはずじゃなかった…」を避けられるかと思います。
大切な時間を無駄にしないためにも、どんな人なのか、お付き合いして良いのかを見極めるポイントにしてみてくださいね。

 

Written by tomo


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。