大人女子のためのWebメディア
検索
2017年12月27日更新

片思いを成就させるコツはこれです!【33歳片思い時代】

「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこさんが、片思いとの付き合い方を伝授してくれる連載コラムです。今回は、片思いを成就させるコツを教えてくれます。

幸せな恋をしたい女子の皆さま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。片思いとの上手な付き合い方について書いているこのシリーズ、今回は片思いを成就させる最大のポイントについてです。

恋は同程度の相手と実る

長らく恋愛や結婚の取材をし続けてわかったのですが、うまくいく恋というのは男女の「力量」が同等です。力量と言うのは、言い換えると、つり合いと言いますか、「彼女は高嶺の花だ」などというときの「高嶺」のイメージです。よく「レベルの合う人同士が合う」と言いますが、人を測るときにレベルってないと私は思いますし、そもそもレベルという表現はざっくり過ぎるので、使いません。では、同程度の力量とはなにかと言いますと、それは生きていく上でのエネルギー量のようなものだと考えてください。

力量とは?

例えばいわゆるハイスペックの男子はいつの世でも人気ですが、彼らが必ずしも同じスペックの女性とつきあうかというとそうではない。高学歴の人は高学歴の人と話は合うでしょうが、つきあう人が必ずしも高学歴というわけではない。でも、ハイスペックの人のお相手は、別のどこかでハイスペックで、美人だったり、専門家だったり、面倒見がよかったりしています。つまりどこかしらが秀でているんですね。あるいは特別に秀でていることがなくても、バランスが良くてにこやかで…などの場合もありますよね。そしてそれらの大本が結局は人の「エネルギー量」なのですよ。

判断ミスの場合

さて片思いに陥ってしまうのには、2つの原因があるんです。

まずは「出会いがしらは、力量がわからないので判断ミスをすること」が一つ。

2つめは「力量違いが露呈して、好かれなくなってしまうということ」です。

解説していきましょう。

最初の「力量がわからない」問題ですが、人は同じくらいの力量の相手としっくりくるものなのですね。でも、最初はパッと見の印象や、それこそ相手の条件を見て頭で好意を抱いてしまうので、自分に合った相手かどうかがわからない場合があるのです。しかしそんな場合でも、しばらく交流していると、「あれれ、この人じゃないな」とわかってきます。女性にはその能力があるのですね。しかし、相手が女性を翻弄するタイプの男性だとやっかいで、「合わない」とわかってもなお、翻弄されて、片思い状態が長引いてしまうのです。こんな相手に恋をしてしまうと、しまいには「つきあいたいかどうかもわからない」というループに入ってしまいます。なので、こうならないためにも、または、そんな状態を脱するためにも、第2回で書いた「未来図を描いてみる」を折々に行うといいでしょう。

力量違いは露呈させない

2つ目の「力量違いが露呈して好かれない」件ですが、実は多くの片思い女性はこの失敗を犯しています。一方、両想いになれる女性はこの対応が上手いのです。「人は同じくらいの力量の相手とうまくいく」と先ほどから書いてますが、とはいえ、好きになる相手って、自分より「ちょっと素敵」と思える人の場合が多いです。実は、その「差」こそが片思いの情熱を産み、心に火をつけるものなので、「差」は大事にしてほしいのですが、差をずっと差のままにしておくと、やはり恋はうまくいきません。相手からして「マイナス」だと思われたら、相手のメリットがないからです。ではどうするか…なのですが、最初は見栄でいいので、「相手と同じ程度の力量」ぶりましょう!魅力的な男性に出会ったら、絶対に自分を卑下してはいけません。彼とつきあう頃には、「同じ程度になる!」と強く決意して、「どう?私だって素敵なのよ」という態度で接するのが大事です。

力を得て、努力する

さらにもう一つ重要なのは、実際に努力してほしいということ。「努力するから」と言い続けても、努力をしないでは、結果的に力量は同じになっていきません。つまり、彼との「力量差」を同じにするのが大切で、それには努力をし続ける行動が大事ということなのですね。でもそれって全然難しくないです。好きな人ができて、「彼のためにキレイになりたい」と思ったとすると、キレイになれたなら、力量は彼と同等になりますし、キレイになれなくっても同等なのです。なぜかというと「なりたい」という気持ちで行動をすると、人はキラキラしますから、それが必ずや力量としてキープされていくのです。同様に、「試験に受かったら彼と同じ」と思ったならば、勉強を続けましょう。必ずしも受かる必要はないのですが、受かろうとして努力する姿があなたを輝かせるのです。

片思いをチャンスにすべし

つまり片思いって、あなたがより素敵な女性になれるチャンスなのですよね。だから、「このくらいの人ならつきあえる」というような値踏み目線で男性をチェックするのは止めていただいて(そう考えると、実はフラれますし)、「わあ、素敵だな、この人とつきあいたい!」と心から思える男性を探して、彼にふさわしいと(あなたが)思える人を目指してください。大丈夫、「つきあいたい」と思えた相手は、あなたにふさわしい「力量」の相手。卑下することなく、「そこに行ける」と信じて、行動するのが大事です。

まとめ

●両想いのコツは力量を同じにすること。
●片思いは力量を上げるチャンス!

 

Written by にらさわあきこ


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。 未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。