大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「彼氏と気持ちがすれ違ってばかり…」破局させないお付き合いの...
2018年01月08日更新

「彼氏と気持ちがすれ違ってばかり…」破局させないお付き合いのコツ

付き合いが長くなり、二人の間に温度差が生まれたカップル。すれ違いが頻発して、最悪の場合には破局につながってしまうことも。そこで彼氏と気持ちのすれ違いが頻発する時の上手なお付き合いのコツを紹介します。

付き合いたての頃はお互いに気持ちが燃え上がっていますが、時間が経つにつれて温度差が生まれ、すれ違いが生じやすくなります。日ごろから話し合いができていれば、すれ違いは最小限で済みますが、話し合いが苦手で、すれ違いが頻発してしまうカップルも少なくありません。そこで彼氏と気持ちのすれ違いが頻発する時の上手なお付き合いのコツを紹介します。

相手に興味を持つ

付き合いが長くなるほど、「相手はわかってくれているだろう」という油断が生まれます。しかし、自分とまったく同じ思考回路を持った人など存在しません。

人の気持ちを100%理解するのは難しいことを理解し、言わなくては伝わらないという前提のもと、相手に興味をもって質問を投げかけましょう。

相手の気持ちを理解したいのならば、相手の気持ちや価値観に純粋な興味を持ち、歩み寄ることが不可欠です。歩み寄ることでコミュニケーション不足が解消され、すれ違いも緩和していきます。

相手の価値観を否定しない

一人一人大事にしたいものや価値を置くものは異なります。彼が大事にしたいものの中には「なぜそれを?」と、あなたが首をかしげたくなるものもあることでしょう。しかし相手の価値観を否定せず、受け止めることが大事です。

すれ違いの多いカップルは、自分の価値観で相手を推し量ります。しかし自分の物差しでとらえても、解決しないどころか溝は深まり、破局に近づくだけです。まずは否定せずに聞くところから始めましょう。

素直に謝る

ときに話し合いがヒートアップして言いすぎてしまったり、地雷を踏んでしまったりすることもあると思います。そんな時には謙虚に謝りましょう。

素直な気持ちで謝ることで、相手の怒りや悲しみも次第に落ち着いてきます。自分のプライドは無視して、悪いことをしたら素直に謝罪を述べることがすれ違い緩和策になるのです。

 

 

付き合いが長くなるほど「これぐらいわかるはず」と言葉を省略し、相手を傷つけているにもかかわらず謝らないなど、関係性をこじらす行動も増えてしまいます。

しかし、それは逆効果です。悪いことをしたら謝り、価値観を否定することなく受け止めるようにしましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「彼氏と気持ちがすれ違ってばかり…」破局させないお付き合いの...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。